mumbai 2 GOA

シンガポールはリトルインディアで食べ歩きした記録です。

外観
Syed Alwi Road沿いに並ぶレストランの中でもひときわ異彩を放つ外観。
店名にGOAと謳っているのもシンガポールでは珍しい(ここだけ?)と思います。
入店するとなぜか店員さんに握手を求められました(笑)

IMG_0776_R.jpg
まだ新しそうなメニューカード。尋ねてみると、まだ開店二カ月余りとのこと。
店の写真はコチラ↓
http://www.facebook.com/pages/Mumbai-2-Goa/574987375845387

店内はバタバタです。こんなに走りまわるインド系の店員さんを見るのは初めてかも(笑)
そんな中、厨房やホールで指示を出しつつ、時折ホールの隅に立ち、鋭い眼光で店員の動きを観察する大柄の男性。
       ajinkya desai
彼の名はAjinkya Desai。この店のオーナーです。

で、前置きはともかく、料理ですが、GOA料理を食べたいとアピールしたのですが、押し切られるような形で良く分からないままMalvani Thaliを注文しました(笑)僕がマトンで妻がフィッシュ。
Malvani料理については、まったくの無知でしたが、Wikipedeiaによれば、いわゆるコンカン地方の料理で、どストライクだったようです。無知な外人が無駄に騒いじゃいましたね;

IMG_0778_R.jpg
Malvani Mutton Thali
ピンクいのはSolkadhiと言い、ココナッツミルクとコカムなどで作るカレーの一種だそうです。フルーティだしシャバシャバしてるのでカレーというかドリンクみたいです。
その右隣にはジャガイモとロビヤ豆とドラムスティックのカレー、次がマトンスープ、マトンカレーです。後ろ2つにもココナッツフレークが入っているようで全体的に爽やかで明るい感じのターリーでした。

DSC02860_R.jpg
Solkadhiのカトゥリの底

IMG_0782_R.jpg
コカム dried kokam (amsul)
ドライと言っても僅かに湿っており柔らかいです。
ムスタファセンターに同じようなものが売っていました。

IMG_0780_R.jpg
ジャガイモとロビヤ豆とドラムスティックのカレー

DSC02856_R.jpg
Malvani Fish Thali
こっちは妻が注文した方です。
フィッシュフライの表面にポピーシードのような粒々が。
↑「スジか粗削りの米では?」というご指摘を頂きました。13.5.7 追記

DSC02858_R.jpg
カリッとして美味しかったです。
この白身魚の名前を聞くのを忘れていました;

ターリー以外にも興味深い料理(シーフードが売りの店らしい)がいくつかあったのでチャンスがあれば再訪したいです。

MURUGAN IDLI SHOP

シンガポール便りです(帰国してるけど)。

IMG_0736_R.jpg
MURUGAN IDLI SHOPは、その名にあるようにイドゥリやドーサ、ウタパンと言った南インドのティファン類が食べられるお店で、HPによれば、タミルナードゥ州はマドゥライに始まり、チェンナイに12店舗、海外ではシンガポールに3店舗展開しているそうです(時間限定でミールスもあるみたい)。

シンガポールの3店舗はすべて僕が滞在していたリトルインディアにあるとのことですが、Syed Alwi Road沿い、Race Course Road沿いの2店舗しか見つけられませんでした。Rowell Roadのお店は閉めたのかもしれません。

写真のお店はSyed Alwi Road沿いの方で、宿泊したホテルの横にあり、9:00-23:00の営業で入りやすいこともあって2回も訪問しました(Syed Alwi Roadは1回)。24H営業のショッピングセンター・ムスタファセンターの向かいにあります。

シンガポールで食べ歩きをするのにあたって参考にさせてもらったinaさんのブログでも紹介されています(店名が変わったのかな)。
http://inasfoodblog.blogspot.jp/2010/05/murugan-idli-kadai.html

DSC02874_R.jpg
着席すると注文票を渡されるので、数量を記入して返します。

IMG_0788_R.jpg
サンバル、チャトニー4種
ティファン類を頼むと必ず付くようです。
左から、トマト、コリアンダー、ミント、ココナッツ
どれも美味しいですが、生ココナツは反則的に美味しい(笑)

DSC02714_R.jpg 
サンバル ダルも野菜もスープに溶けています

DSC02713_R.jpg 
イドゥリ、メドゥワダ

IMG_0789_R.jpg
イドゥリはしっとりした感じ。


DSC02715_R.jpg
マサラドーサ
生地は酸味が強めのタイプでしたが、僕は好きです。

DSC02716_R.jpg
マサラドーサの中身。横から覗くとジャガイモ少なめに見えますが、女性のこぶしぐらいの量は入っていたイメージで十分と言えば十分。

IMG_1126_R.jpg
オニオンウッタパン

IMG_0791_R.jpg
ギーオニオンウッタパン
Race Course Road沿いの店で食べたもので、オニオンウッタパンを注文したらハイテンションのウェイターさんに、ぐりぐり塗りつぶされて、強引にチェックされました(笑)ギーありもなしもどっちもウマかったですよ。赤玉ねぎなので臭みが強くないのが良いんだと思います。

IMG_1125_R.jpg
ポンガル
ポンガルを初めて食べたせいか、あまりピンと来ませんでした。

IMG_0790_R.jpg 
ジガルタンダ
前々回のナマステインディア刈谷でマサラワーラーさんが出してくれたのを飲んだ以来です。アイスクリームに米、カルダモンみたいな組み合わせでしょうか。
べらぼうに甘いわけでもなく、今回の旅ではFalodaを抑えてベストスイーツだったかもしれません。

IMG_0787_R_20130505113223.jpg
ミルクペダ
こっちは甘い。

IMG_0793_R.jpg
コーヒー
泡立った状態で出てきます。砂糖は自分で調節。

間近で泡立てパフォーマンスを見せつけられました(笑)良い奴だった!

IMG_0794_R.jpg

IMG_0795_R.jpg

IMG_0796_R.jpg

チェーン店にありがちな(!?)高圧的だったり無愛想な感じもなく、フレンドリーな接客が気に入りました。また訪問したいです。

プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon