ALOO RASWALA

やりがなです。年が明け、ダラダラした生活を送っております。
僕は日に10時間寝れるると気持ち良く生活できるみたいです。
朝(昼)起きてすぐ食欲があるのも普段はなかなかない事です。
今日はGits社のReady Mealsシリーズ・ALOO RASWALAを食べました。いわゆるレトルトカレー、手っ取り早くて好きです。
20140105144514f76.jpg
ニゲラがたくさん写っていますがこれは演出だと思います。
辛さはミディアムとのこと。
Raswalaっていうのはニンニクのことかな、walaが語尾につくのをたまに見かけます。

20140105144515dd2.jpg
ホールスパイスがたくさん入っているみたいです。パンチホロンの役がついてます(笑)比率は分かりません。

20140105144512834.jpg
食べた感想、甘酸っぱいのはトマト、玉ねぎ、何よりアムチュールかな、かなりフルーティです。あとミディアムということですが少し辛めに感じました。それと全体的に香りは弱めかな。名を連ねているスパイスを見るに作っている時が一番香りを楽しめそうな気がします。
僕はライスと食べてしまったこともあり、リピは無いかなと思ってたんですが、パーケージ写真にあるようにプーリーとは相性が良さそうで、しまったという感じ。

ということで夕飯はプーリーを作りました。無性に食べたくなってしまったのです。
20140105212026d59.jpg
妻も寝ているしお腹も空いていたので丁寧さよりもとにかく勢い重視で。プーリーの生地なんか手のひらで押しつぶして伸ばしました。ほうれん草のカレーはアムチュールで酸っぱめに。
これがオイリーなプーリーと絶妙に合うんです。揚げ油の処理が面倒なぐらいであとは手軽なのでオススメです。

ナブラタン コルマ、パニール マッカニー

旅疲れか夜まで何も作れませんでした。引き続きアンビカで買ってきたレトルトカレーを紹介します。

DSC03952.jpg
左:ナブラタン コルマ(カシューナッツソースのベジタブルカレー パイナップル入り)1人前200g 450円
右:パニール マッカニー(カシューナッツを使ったクリーミーなカッテージチーズカレー)1人前200g 450円

※画像は半量です。

ナブラタンコルマは裏面の商品説明を引用すると、

「◆ナブラタンとは、9つの宝石という意味で、ムガール朝の時代アクバル王が9人の側近に作らせた料理がナブラタンコルマといわれています。たくさんの野菜と、カルダモンの香り漂う濃厚なカシューナッツのソースの宮廷料理のひとつです。インドのバスマティライスやナンと召し上がると、より一層美味しさが際立ちます。」

名前の由来が格好良い感じですね。

ただ、私はもともと人参が苦手なのと、インゲンとカシューナッツソースの組み合わせも苦手だったようで、残念ながら一口しか食べれませんでした。

パニールマッカニーは今日食べた4種類のうち一番気に入りました。

バターチキンに似ているなと思ったら、具がチキンかパニールかの違いはありますが、ベースはトマトやカシューナッツペーストなのでほぼ同じなんですね。

クローブとカスリメティの風味が効いていて、リピートしても良いかなと思わされた一品です。



アンビカショップ (Ambika Shop)
アクセス:都営浅草線「蔵前駅」又は、大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
営業時間:年中無休10時~20時(年末年始休日を除く)
連絡先:アンビカショップ
〒111-0051 東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス
TEL:03-6908-8077


大きな地図で見る

にほんブログ村 料理ブログ カレー料理へ
にほんブログ村

パラック パニール、ダル マッカニー

昨日、蔵前のアンビカショップで買ってきたものを今朝さっそく食べてみました。

DSC03951.jpg
左:パラック パニール(ほうれん草のカッテージチーズカレー)1人前200g 450円
右:ダル マッカニー(トマトのクリーミーなソースの豆カレー)1人前200g 350円

※画像は半量です。

自分の好みとしては、どちらももう少しスパイシーだと良いかな。

レトルトで作りたての味が再現できないとなると、自炊したり外食する甲斐がありますね。

作る手間を考えれば、突然食べたくなったときの備えとして買っておくのはアリかなと思います。

DSC03930.jpg
アンビカショップの前にて撮影

ちなみにお値段としては、アンビカショップよりも、アンビカ通販サイトよりも、以下のショップの方が安いようです。




アンビカショップ (Ambika Shop)
アクセス:都営浅草線「蔵前駅」又は、大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
営業時間:年中無休10時~20時(年末年始休日を除く)
連絡先:アンビカショップ
〒111-0051 東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス
TEL:03-6908-8077


大きな地図で見る

にほんブログ村 料理ブログ カレー料理へ
にほんブログ村
プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon