チャナマサラ、黒胡椒チキンカレー、マチェルジョル(鯛)

こんにちは、やりがなです。

2012年のインド料理自炊生活を締めくくる料理は、実家(と、ご近所さん)への手土産です。
2年連続です(笑) →昨年の大晦日の記事
前回は意外とウケてバスマティライスを持ち帰るという娘もいたぐらいで驚きましたが、今年はどうなることやら。

DSC02172.jpg DSC02171.jpg
DSC02169.jpg DSC02173.jpg
チャナマサラ、黒胡椒チキンカレー、マチェルジョル(鯛)、バスマティライス(念のため笑)

この2012年はブログをご覧頂いたり、コメントを下さった方、実際にお会いできた方、美味しいインド料理を作ってくださったお店の方…色々な人、料理と出会え、僕たちのカレーワールドは爆発的に拡がりました。

皆様、本当にお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

それでは、よいお年をお迎えください!



◆2013.1/1 追記

手土産に対する家族、親類、友人の反応を少しだけ。

1番人気は、やはりというべきか、チャナマサラだった様子。やっぱりひよこ豆は強いですね。
鯛のジョル、ペッパーフライは美味しいとは言ってもらえたけど、何となく、あまり印象良くなかったような気がします。マスタードオイルやカレーリーフを遠慮なく効かせましたし、正月に悪いことしたかも;
自己満足できる出来映えだったんですが、それが仇になったんでしょうか(笑)

それと、昨年のチキンカレー(ムスリムスタイルのチキンカレー、トマト無しでヨーグルト使うやつ)が食べたかったという声もありました。
もしかして一般受けしやすいメニューなのかな?他の人にも食べてもらって検証してみたいです。

バスマティライスは鯛カレーと一緒に食べてね~って感じで湯取りで出しました。カルダモン、シナモン、クローブで香りを付けて。
香りが良い的なポジティブな反応もありましたが、こちらも「?」って感じであまりピンと来なかった様子です。
日本米を味わうようなモードで長粒米を測られると、味も素っ気もないな~ぐらいに思われちゃいますよね。出してからハラハラして、カレーと一緒に食べてね~を繰り返しちゃいました。
皆様、長粒米ってぶっちゃけどうですか?僕はなんだかんだで欠かせないと思うんですが。

2012年 レストラン訪問回数

2012年は自炊生活ということで、たくさんインド料理を作りました、2人合わせて300回ぐらいでしょうか?
ふと、外食はどうだったんだろうと気になったので、カレー関係の外食回数を調べてみました(店の名前間違ってたらすいません)。
自己紹介代わりに載せておこうと思います。

おすすめのお店、メニューがありましたら何卒お教えくださいますようお願い申し上げますm(_ _)m
(特に東名阪以外は未知の世界ですんで)

ちなみに、総計は98回でした(インド旅行時の食事を除く)。
この数字、自分としてはお金無いくせに外食し過ぎだなぁと思ったんですが、カレーマニアな人々の中ではだいぶ少ない方じゃないでしょうか?

2012 訪問回数
地方都道府県店名小計
東海愛知インド・ネパール料理RAJ(ラージ)37
  南インド家庭料理 カルナータカー 8
  ニューボイシャキ 2レストラン 2
  TAJ BENGAL(タージベンガル)2
  ホジャナスレッティン1
  インド&ベトナム料理「スバカマナ」1
  GUNAGUNA CURRY CAFÉ1
  インド・インドネシア料理 アジアンレストラン1
  チョウタリ1
  RAJA ラジャ 1
  パハナ星が丘店1
  ココイチ1
  ミヒリランカ カフェレストラン 1
  ランカクシーン1
  本格インド料理 ミティラ 1
  さりら屋1
  シルバースプーン1
  スバカマナ1
  南洋の父0
 岐阜エリックカレー1
 静岡新田寺マハル2
  コロンボ1
  mana1
  カレー処 ヤサカ0
関東神奈川マドラスミールス1
 東京ラクシュミー1
  ダクシン1
  ゴヴィンダス1
  Momo1
  ニルワナム1
  PUJA1
  A・raj1
  アーンドラキッチン1
  サンサール1
  アジャンタ1
  タバインディア1
  アルカラム1
  パキスタン家庭料理 Rahi Punjabi Kitchen 1
  ヴェジハーブサーガ1
  砂の岬1
  カラチの空1
  ケララの風21
関西京都タルカ2
  ラトナカフェ1
  ティラガ0
 大阪ラサハラ1
  ナタラジ1
  シンズキッチン1
  チョウク0
 奈良タリカロ1
 兵庫マドラスキッチン1
  インダスレイ1
  ワイフイズボス1
  クスム1
  ナーンイン1
  ヒンホイ0
総計  98

ベンガル風エビカレー、ダールマ

こんばんは、やりがなです。
今年も残すところあと1日ちょっと。
この1年のカレー生活を振り返ってるうちに年が明けそうです。

DSC02156.jpg
ベンガル風エビカレー(☆6.0)
RAJさんのエビのマスタード煮を意識して試行錯誤しながら作りました。
グレービー(カレーソース)は材料、玉ねぎ、ヨーグルト、マスタードシード(黄)、ポピーシード、青唐辛子、パンチフォロンなどです。ヨーグルト入りのShorshe Chingriって感じでしょうか。
昨日の白子と同様に、そのままでも美味しいはずの生食用の有頭海老をグレービーに放り込むか最後まで決めかねましたが、グレービーがそこそこイメージ通りに出来たので勝負しました。
エビをあらかじめ剥いておかなかったのは、見た目を重視したからです(笑)
この後、野蛮な手つきで頭を外したのですが、「ミソ」とグレービーが混ざり合うことでとても濃厚な味になり、とても贅沢な気分に浸れました。

DSC02157.jpg
ダールマ(☆5.75)
ダールに野菜を加えて作るオリッサ州の郷土料理です。
今回のレシピでは、玉ねぎ、トマトをしっかり炒めたものでタルカするので、野菜入りダールタルカっていうほうが適当なのかな。それとレモンで酸味付けするのも特徴ですね。
野菜は、ハヤトウリ、ジャガイモ、菜花を使いました。
白菜を入れても美味しいですよ。
冷蔵庫の掃除にもなります。

ダールマのレシピ
たった5つのスパイスで!インド家庭料理「カレーとサブジ」―「キッチンスタジオ ペイズリー」の本格レシピ (MARBLE BOOKS daily made)たった5つのスパイスで!インド家庭料理「カレーとサブジ」―「キッチンスタジオ ペイズリー」の本格レシピ (MARBLE BOOKS daily made)
(2008/07/30)
香取 薫

商品詳細を見る

白子入りラッサム

こんばんは、やりがなです。
こんなに暖かい夜は久しぶりのような気がします。
散歩もラクラクでした。

今日は、RAJさんで昼食を取り、

DSC02141_R.jpg 
エビのマスタード煮
DSC02142_R.jpg
マトンカレー
                                  
DSC02143_R.jpg 
セロリとニンジンのサブジ

ハラルショップへ豆などの買い出しに行きました。ついでに年末の挨拶も。
DSC02144_R.jpg 
このパッケージは初めて見た気がします。中は触った感じ長粒米のようです。

帰宅してからいつものようにお昼寝をして(笑)、夕食にラッサムを作りました。
メインは昨日残りのビリヤニです。
あまり食欲が湧かなかったのでラッサム飲めば何とかなるかなと思った次第です。

DSC02147_R.jpg
ラッサム
ラッサムっていうのは、南インドで食べられるシャバシャバしたカレーというかスープです。
僕は胃が痛い時やお酒を飲みすぎた時などに無性に飲みたくなります。
ただ、朝はなぜかあまり飲みたいと思いません。良い気つけになりそうなんですけどね。

本日使用した材料はこんな感じです。
・トマトジュース
・ニンニク
・青唐辛子
・塩
・タマリンド
・ホールスパイス(クミン、マスタード、メティ、たかのつめ、ウラドダル、チャナダル)
・パウダースパイス(チリ、ターメリック、ヒング、クミン、ブラックペッパー)
・カレーリーフ
・サラダ油
・水
どうですか?インド料理に馴染みが無い方も、身体には良さそうだとは思っていただけるんじゃないでしょうか(笑)
本当に身体に良いのかはさておき、飲むと気合が入って食欲が増進される気がします。味も良いんですよ。

今回はコリアンダーリーフ(香菜)は、切らしていたので割愛しました。
代わりに、

・セロリ
・タラの白子

を投入しました(代わりにはなってませんよね。)
セロリって嗅ぐだけでも食欲が増進される気がします。
白子はそのまま生で食べようか悩みましたが、どうせビリヤニとも合わないしということでやっちゃいました。
食べる直前で煮たったラッサムのなかに投入し、数十秒熱してからすべてカトリに盛りました。
ラッサム自体は、白子ポン酢を意識してなのか、タマリンドを多く使って酸味を強めにしてあります。
やっぱり柑橘系の果汁の方が合うかもしれません。

結果として美味しくまとまってくれ、ビリヤニも大いに進みました。
ただ、うちの家庭料理としては無駄に高い気がするので、最初で最後の試みになるかと思います。

菜花とチキンのビリヤニ、サラダほうれん草のライタ、蓮根のアチャール

こんばんは、やりがなです。
金曜日だからということでは無いんですけど、ビリヤニを作りました。

DSC02136.jpg
菜花とチキンのビリヤニ(☆6.0)サラダほうれん草のライタ、蓮根のアチャール
渡辺玲さんのヒンドゥー式チキン・ビリヤニのレシピを参考にしました。
カレーと生米を一緒に炊くというやり方です。
元のカレーはココナッツミルク入りのチキンカレーです。
香菜、ミントは無かったので割愛。ビッグカルダモン、あとベジタブルビリヤニっぽい雰囲気が出るかなと蒸す段階で刻んだ菜花を加えました。結果、味はそれなりでした。
水が多すぎたのか何なのか、米がべたっとしちゃったのが惜しいです。
レシピに「ピッタリとフタの出来る厚手の鍋」という指定があったので圧力鍋を使ったのが徒になったんでしょうか(加圧はしてません)。
前に妻が作った時はこれより上手く炊けてたのでご指導お願いしたいです。

ヒンドゥー式チキン・ビリヤニ のレシピ
新版 誰も知らないインド料理: おいしい やさしい ヘルシー (知恵の森文庫 t わ)新版 誰も知らないインド料理: おいしい やさしい ヘルシー (知恵の森文庫 t わ)
(2012/08/08)
渡辺玲

商品詳細を見る

コーチンで朝ご飯

早朝のフォート・コーチン。
朝ご飯を意識しつつ、海沿いを散歩しました。

ちなみにコーチンはインドのこの辺です。かなり南のほう

大きな地図で見る

DSC00359_R_20121228002631.jpg

市。人が魚に群がれば、
DSC00363_R_20121228002700.jpg

猫も群がり始めます。
DSC00374_R_20121228002630.jpg

それにしてもかわいい魚。
DSC00367_R.jpg 

通りでティファンの屋台を発見。通勤時間に合わせている模様。
DSC00378_R_20121228003353.jpg 

おやじがワダを揚げ始めると、
DSC00385_R_20121228002520.jpg 

方々から人が押し寄せ、おやじはてんやわんやの孤軍奮闘。まるでボレロ。揚げた端から食べていきます。お代は後回し。
DSC00384_R_20121228002521.jpg 

ワダ、歪ですが美味しかったです。
DSC00377_R_20121228002632.jpg 

これ何だったかなぁ?
DSC00386_R_20121228002358.jpg 

これはバナナの揚げ物。
DSC00381_R_20121228002523.jpg 

記念の一枚。笑ってますが、物凄く熱くて火傷しそう。
DSC00383_R.jpg 

別の屋台でもつまみました。じゃがいものマサラみたいなのを揚げたやつ。アルボンダっていうのかな。
DSC00389_R.jpg 

マサラドーサに入ってるあれですよね。
DSC00390_R_20121228002401.jpg 

屋台でティファン類を食べたあとは同行者の方の連れられその辺の食堂へインしました。
アッパムとエッグカレーです。
DSC00391_R_20121228002400.jpg



「これがあの南インドのコーヒーですか!?」ということで記念に一杯。
DSC00392_R_20121228002359.jpg 

石を投げればインド料理にあたる、現地には現地の良さがありますねえ。

つづく

タラのヨーグルトカレー Doi Mach

こんばんは、やりがなです。

DSC02133.jpg
魚のヨーグルトカレー Doi Mach(☆5.875)
川や池の多いベンガル地方で食べられているフィッシュカレーです。
向こうではフナに似た魚を使うそうですが、今日はタラの切り身を使いました。
ヨーグルトカレーを作る上での注意点として、ヨーグルトの生っぽい香りをしっかり飛ばすと良いということを聞いたので、今回はそこに注意してグレービーを作る段階でしっかり炒めました。
タラの身が崩れてしまったので見た目は良くないですが、味はそこそこ美味しく仕上がってくれてひと安心です。
基本レシピ通りなのですが、食べられなくなるような事態に陥らないように要所要所で分量を調節してますからね(笑)
それと、レシピには載っていなかったのですが、RAJさんの影響でホールスパイスとしてニゲラを追加しました。
画像のタラの上に載っている黒い粒がそれです。
英語でラブ・イン・ア・ミスト(霧の中の恋)と呼ばれているそうです。味はちょっとポピーシードに似ているでしょうか。香りは甘く、味は仄かに苦いですね。
このニゲラを使うなら、もう少しグレービーを濃厚にした方がより良いのかもしれません。

魚のヨーグルトカレー Doi Mach のレシピ
とっておきのインド・ベンガル料理とっておきのインド・ベンガル料理
(1995/07/20)
佐々木 裕子

商品詳細を見る

RAJで夕食

こんばんは、やりがなです。

知立市のインド・ネパール料理RAJで夕飯を食べてきました。
インドはとても広い国で、地方地方によって色々な料理があります。
一般に日本のインド料理屋というとムガール料理やパンジャーブ料理をメインに出しているお店が多いかと思いますが、ここRAJでは、東はベンガル、西はグジャラート、南はケララ、タミルナードゥなど色々な地方の料理が食べられます(もちろんネパールも、それからパキスタン、スリランカ、バングラデシュ…南アジアですね)。
色々食べられるお店というのは、インド料理愛好家(?)してはもちろん魅力的なのですが、それよりも第一に安くて美味しいこと、家から近いこと(腹が減ったらすぐ行ける笑)、それからシェフの鈴木さんとマニアな会話ができること、こういうシンプルな理由でRAJは大変ありがたいお店です。


DSC02127.jpg

DSC02129.jpg
菜花とチキンのマスタードカレー

DSC02131.jpg
バターナッツ(カボチャ)のココナッツ蒸し
エリセリという南インド料理です。
カボチャや調理用バナナと豆、ローストしたココナッツファインを使う料理とのことですが、僕自身そんなに食べたことが無いのではっきりしたことは良く分かっていません。
バターナッツの蒸し加減が好みでした。

DSC02128.jpg
サバのヨーグルトカレー

DSC02130.jpg
タルカリ(ハーフ)
具はジャガイモ、カブ、キクイモ、ゴボウ(愛知産)です。

多種多様なインド料理を出しながら、どっちつかずになることもなく、料理に不思議な統一感を漂わせてしまう鈴木さんの腕前、センスには毎回唸らされます。
ただ、RAJが近くて美味しいからといって、インド料理の自炊をやめようと考えたことは、実はありません。
彼我の料理のクオリティの差はもちろんあるでしょうけど、自炊にはその時の気分に合わせて味を調整できるって良さがありますからね。
安くて美味いよ!インド料理自炊生活…という認識は今もあまり変わっていません。
こう思えるのは一種の鈍感力でしょうか(笑)

ロビヤ豆とハヤトウリのカレー

こんばんは、やりがなです。
メリークリスマス。インド料理ばかりの僕達だってクリスマスには外食したりキャッキャッしたい気持ちは少しはあるのですが、寒いので家から出る気もあまり起きず、結局、残り物と手持ちの食材で済ませました。

DSC02122.jpg
ロビヤ豆とハヤトウリのカレー(☆5.875)
ロビヤ豆の煮汁はちょっと和を感じるところがあります。シイタケっぽいのかな。
だから落ち着いていいなぁ、というわけではないんですが、変に主張することもなく、味気ないわけでもなく、何となくしっくりくる味わいで好きです。
ブイヨンスープは今回も何となく割愛しました。ほんとはもう少しはっきりした味にするものなんでしょうね。

食べ歩き疲れの体に沁み渡るような暖かい晩ごはんでした。

ロビヤ豆とハヤトウリのカレー のレシピ
家庭で作る本格インド料理―「キッチンスタジオペイズリー」とっておきの上級レシピ! 中・上級編 (MARBLE BOOKS―daily made)家庭で作る本格インド料理―「キッチンスタジオペイズリー」とっておきの上級レシピ! 中・上級編 (MARBLE BOOKS―daily made)
(2010/05)
香取 薫

商品詳細を見る

じゃがいもと青パパイヤのキーマカレー、タマタールチャトニー、ダール

こんばんは、やりがなです。

2,3日関東で食べ歩きしてきました(マドラスミールス、MOMO、ダクシン、ラクシュミー、砂の岬、A・RAJ、ガネーシュ)。
ダクシンのベジタブルビリヤニに「おっ」と思わされました。
野菜の加熱具合、米のジューシーさが気に入りました。自宅でも挑戦してみたいです。
DSC02076_R.jpg 

クラブカレーも久々にやりたいとか、旅中あれもやりたいこれもやりたいが出てきて、自炊生活はもうちょっと続きそうです。
それでは今日の晩ごはんです。

DSC02119.jpg
じゃがいもと青パパイヤのキーマカレー(☆6.0)、タマタールチャトニー、ダール
邪道かもしれませんが、キーマは豚肉が好みです。
じゃがいもは崩れない程度、青パパイヤは少し硬さを残すように火を通しました。
その時の気分に合わせて味付けや食感を微調整できるのが自炊の良さのひとつだと再認識しました。
あたりまえの事ですが、テクが足りなくてなかなかうまく実践出来ないんですけどね(苦笑)

なすとチキンのキーマカレー のレシピ
5つのスパイスだけで作れる! はじめてのインド家庭料理 (講談社のお料理BOOK)5つのスパイスだけで作れる! はじめてのインド家庭料理 (講談社のお料理BOOK)
(2012/05/11)
香取 薫

商品詳細を見る


タマタールチャトニー のレシピ
とっておきのインド・ベンガル料理とっておきのインド・ベンガル料理
(1995/07/20)
佐々木 裕子

商品詳細を見る

チキンジャルフレイジ

こんばんは、やりがなです。

最近は「これを作ろう」と決めてから買い物することが少なくなってきました。
でも、今日使ったパプリカは完全にジャルフレイジ用に買ったものです。

DSC02061.jpg
チキンジャルフレイジ(☆5.875)
以前、大根とジャガイモで作った時にも書きましたが、ジャルフレイジ(Jalfrezi)っていうのは、Wikipediaによると、マリネした肉や野菜をスパイシーに炒めて作るドライカレーのことらしいです。
トロっとしたスパイシーなトマトソースにするみたいですが、あまり煮込まなかったのでシャバっとしてしまいました。
それに、ちょっと甘かったです…。
青唐辛子を加えて味を引き締めたほうが良いかもねと反省しました。

チキンジャルフレイジ のレシピ
いちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレーいちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレー
(2011/06/27)
マバニ マサコ

商品詳細を見る

フィッシュマパス

こんばんは、やりがなです。

DSC02059.jpg
フィッシュマパス(☆6.0)
白身魚を使ったケララ風ココナッツカレーです。
現地ではケララ米という丸っこい米と一緒に食べるのかもしれませんが、バスマティライスでも合いますよ。
魚は割と淡白な白身魚を使うし、グレービーはサラサラでさっぱりしているので、クローブ、カルダモン、シナモンと言ったホールスパイスの風味がダイレクトに感じられます。
ケーララで食べたMeen Moleeというフィッシュカレーとよく似ていますが、あっちの方がよりシンプルだけど洗練された味わいだった気がします。

DSC00438_R_20121219002711.jpg 
Meen Molee,Pallappam

レシピを調べてみたら、やっぱりシンプルでした。

Meen Molee のレシピ
http://www.nimmypaul.com/html/nmy_recp_01.html

マパスって何のことでしょう?

フィッシュマパス のレシピ
いちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレーいちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレー
(2011/06/27)
マバニ マサコ

商品詳細を見る


やりがなカレー年表

こんばんは、やりがなです。

カレー好きな人たちと接していると、どうしてそこまでカレー好きになったのか、ときおり気になることがあります。
今回、インド料理仲間のcurryloverさんが公開してくださったカレー年表を拝読し、とても面白かったので、僕も真似させてもらうことにました。
(とりあえずわずかな記憶と記録を元に書きます。思い出したら加筆するかもしれません。)

----------------------------------------------------------

「俺とカレー」

◆義務教育時代
野菜嫌いだったので給食がほとんど食べられませんでした。もちろんカレーも食べられず。

◆学生時代
バイト帰りにココイチに通う(最高週4)
レトルトカレーも大好物

◆2007
ジャイプール(大府)で初インド料理。マサラティに不思議な感覚を覚える。後に快感だったと知る

◆2009
後に妻となる女性にスバカマナのチーズナンを教わり、ハマる(月イチ)

◆2010
玉ねぎを完全に克服する
インドカレーを食すオフ会に顔を出すようになる(まだナン一辺倒)
6月末 結婚。夫婦で料理を始めるもレパートリーの少なさに悩む。困ったときは大好きだったS&Bのゴールデンカレー。
突然茄子を克服する

◆2011
5月 初めてのインド旅行(ゴールデントライアングルってやつです)
5月21日 インド料理に詳しい人(uさん)に出会う(アラティ・一宮)。やりがな、長粒米をdisる
6月11日 インド料理を自作している人(鈴木さん)に出会う(タージベンガル・安城)。やりがな、長粒米を見直す
7月 現在の居住地へ越してくる。ハラルショップ初訪店
7月28日 カルナータカーで初マサラドーサに興奮
8月中ごろ 妻が図書館でインド料理のレシピ本を発見。「インド料理強化月間」と銘打ち自炊を開始する
9月 友人の勧めで当ブログを始める
10月 ナマステインドin刈谷での初ミールスに興奮。マサラワーラーさん作

◆2012
1月15日 鈴木さんに再会(RAJ・知立)。ダルバートに興奮する
5月 2度目のインド旅行。コーチン、バンガロールで食べ歩き。
5月26日 グルテシに初参加。インド料理好きの方々との交流が本格化する

…現在に至る


どうでもいいような自分史をつらつらと済みません;(かなり恥ずかしいなぁ)
でもどうですか!?これを読むと、誰にもインド料理にハマる危険性可能性はあるように思えてきませんか?

ところで生のトマト、ニンジン、キュウリはいつ克服できるんだろう(笑)

忘年会@RAJ

こんばんは、やりがなの妻です。
今晩は知立のRAJさんで忘年会。

DSC02051_R.jpg
DSC02041_R.jpg
一皿目 凄味があります

DSC02045_R.jpg 
小豆プラオ、蕎麦粉プリ

DSC02044_R.jpg 
菊芋タマリンド炒め、切干大根ポリヤル、紅大根アチャール

DSC02043_R.jpg 
あさりラッサム げっっぼけてる

DSC02042_R.jpg 
冬の根菜サンバル

DSC02046_R.jpg 
春菊チキン

DSC02048_R.jpg 
菜花チャパティ

DSC02053_R.jpg 
鯖とカリフラワーのマスタード

DSC02055_R.jpg 
ブロッコリーとマトン

ソルトラッシーも頼んだのですが写真撮り忘れました。


いつもながら盛り沢山のメニューでお腹いっぱい。RAJさんの底力はんぱないです。
メンバーの皆様のインド料理愛もまた半端無い!!
私は以前から食べてみたかったRAJさん製サンバルもあって満足です。全部美味しいのでついつい食べすぎてしまいます。
やりがなは、身に余る程の美味しい物を食べたので謹慎したいとのことです。
RAJさん、参加者の皆さん今年1年大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

エッグカレー、ダール、チャパティ、紫青梗菜と大根のサブジ

こんばんは、やりがなです。

RAJで昼ごはんを食べてから、碧南市にある市民茶室「涛々庵」で開かれたお茶会に参加してきました。
茶会のように、料理や食器、食材、文献を皆で愛でて楽しむ、カレー会があっても面白いなと思います。
実際、マニアの集まりはほとんどそんな感じかもしれませんが(笑)

夜ごはんは自炊しました。
DSC02038.jpg
エッグカレー、ダール、チャパティ、紫青梗菜と大根のサブジ
チャパティが食べたかったので、おかずはそれに合うようなものを選びました。

DSC02039.jpg
エッグカレー(☆6.0)
ゆで卵を使ったカレーはグレービーを濃厚にするイメージがあります。
今日作ったこれもそうで、ベイリーフ、カルダモン、クローブ、シナモンといったホールスパイスをしっかり効かせるし、タマネギも深く炒めます。マスタードオイルも約100cc、ドバドバです。
あとはトマトにヨーグルト…卵のカレーというと素朴な感じですが、決して安く作れるわけではないですね~でも卵を崩してチャパティと食べると美味しいからオススメですよ。

ダールはマスールダルを使ってあまり主張しない感じのものを意識して、ニンニク、玉ねぎは使わず、カレーリーフと塩を薄く効かせました。
チョークはパンチホロンとサラダ油です。
(チョークっていうのは、油でスパイスを熱して成分を移してから鍋にジュッと投入するアレのことです。)

オマケ
我が家のチョーキカトリ
写真 2012-12-16 19 56 15
どこかのスーパーで安売りしていた内径14cmのミニフライパンです。
底が丸いと尚良いんですが、洗うのと仕舞うのには便利です。
インドで良く売っているのはお玉のような形状で手放せるように柄に一本足が付いてたりします。

エッグカレー のレシピ
とっておきのインド・ベンガル料理とっておきのインド・ベンガル料理
(1995/07/20)
佐々木 裕子

商品詳細を見る

朝昼兼用@RAJ・知立市

こんばんは、やりがなです。
昨日は関西方面に出かけてました(目的はもちろんインド料理です…rikirohさん案内して頂いて本当にありがとうございました)。
帰宅してから泥のように眠ったあとは、朝昼兼用食をRAJさんで頂きました。

本日の特別メニュー
DSC02030_R.jpg

DSC02036_R.jpg
キャベツとチャナ豆のスパイス炒め
振りかけてあるのはラッサムパウダー(クミン、ブラックペッパー)とのことです。

DSC02037_R.jpg
バターナッツ(カボチャ)のスパイス炒め
バターナッツの甘さがパンチホロンで締まってます。

DSC02033_R.jpg
サーモンココナッツカレーのセット
お馴染みのDB+スペシャルカレーのセット、DB1のタルカリも惜しいけど、今日はやりがなが苦手なニンジン入りということでごめんなさい。

DSC02034_R.jpg
油多めでこってりしてます。美味しいです。…ご飯がどんどん進み、我慢しきれずご飯お代わり、ダルも;

DSC02031_R.jpg
チキンビリヤニ(骨付きチキン入りスパイスライス)
ブラウンカルダモンが効いて大人の味わいです(笑)
スパイス使いは色々調整されてるかと思いますが、安定の美味しさ。夫婦でうんうん言いながら食べました。

ごちそうさまでした。明日はRAJで忘年会(笑)

基本のキーマカレー

こんばんは、やりがなです。

DSC02002.jpg
基本のキーマカレー(☆6.0)
豚ひき肉のカレーです。
インドではマトンキーマが一般的のようです。
それにしても、玉ねぎ500gにサラダ油130cc,バター大さじ1とはインド人もびっくり(するわけないか…)。
確かに油とスパイスの相性の良さは、インド料理の基本の「キ」ですよね。
ご飯がはかどることはかどること。これはパンよりご飯か!?
ブイヨンは割愛してしまいましたが、旨みは豚肉とトマト、玉ねぎで十分でした。入れたらもっと美味しくなったのかな。ああ、享楽的インド自炊生活の恍惚と不安、二つ我にあり。

基本のキーマカレー
5つのスパイスだけで作れる! はじめてのインド家庭料理 (講談社のお料理BOOK)5つのスパイスだけで作れる! はじめてのインド家庭料理 (講談社のお料理BOOK)
(2012/05/11)
香取 薫

商品詳細を見る

ポークチリ

こんばんは、やりがなです。

DSC01998.jpg
ポークチリ(☆6.0)
何となくヨーロッパ(ポルトガル)っぽさを感じる豚肉を使ったドライカレーです。
大まかな工程はこんな感じです。
ジンジャーガーリックペースト、パウダースパイス、ヨーグルト、塩、レモン汁と混ぜ合わせたところに、豚肉を加え、よくもみ込んでおく。
マスタードシード、クローブなどを加熱した油で、玉ねぎ(すりおろし)を炒め、青唐辛子、生姜、トマトを加えながら中火で加熱し、グレービー(カレーソース)を作る。
グレービーに豚肉を加えて火を通して出来上がり。
これはご飯よりチャパティの方が合うと思います。

豚肉を使ったインド料理は、本流から外れるかもしれませんが、けっこう好きです。
ムスリムの前では言いづらいですけどね(笑)

ポークチリ のレシピ
いちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレーいちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレー
(2011/06/27)
マバニ マサコ

商品詳細を見る

カリフラワーのキーマカレー

こんばんは、やりがなです。
今日は控えめに。

DSC01995.jpg
カリフラワーのキーマカレー(☆5.75)
カリフラワーを細かくしてひき肉に見立てたベジタリアンのキーマカレーです。
煮る加減や水の量を調節することでパラタの具、チャパティ、ご飯など、色々な主食に合わせられるシンプルで便利なメニューです。
香取薫さんのレシピはフードプロセッサーを良く使います。いまだに買ってないなぁ。

カリフラワーのキーマカレー のレシピ
たった5つのスパイスで!インド家庭料理「カレーとサブジ」―「キッチンスタジオ ペイズリー」の本格レシピ (MARBLE BOOKS daily made)たった5つのスパイスで!インド家庭料理「カレーとサブジ」―「キッチンスタジオ ペイズリー」の本格レシピ (MARBLE BOOKS daily made)
(2008/07/30)
香取 薫

商品詳細を見る

3種のハーブとブリのコレシュ

こんばんは、やりがなです。
最近、北インド系のノンベジが続いていましたが、今夜はひと休みして、あっさりしたペルシャ料理を。

DSC01993.jpg
3種のハーブとブリのコレシュ Ghalieh Mahi(☆5.75)
コレシュとはペルシャのカレーっぽい煮込み料理のことです。
今までに何度か作って来ましたが、スパイス弱め・ハーブ強めのカレーという印象です(すいません、まだ、この程度の認識です)。
魚はレシピ通りブリを使いました。あちらでは何を使うのかな?
3種のハーブとは、コリアンダー、フェネグリーク、パセリのことです。
これらを中火で炒めたものをタマリンドベースのソースに加えて煮込みます。
そこに、塩コショウを振って両面に焦げ目がつくまで焼いたブリの切り身を加えて更に煮込んで出来上がり。
タマリンドの量は4人前で100gと、インド料理に比べて多めな印象。この辺りもペルシャ料理の特色でしょうか。
酸っぱい物好きの妻が嬉しそうにしてました。
そのうちブログのタイトルがインド・ペルシャ料理自炊生活に変わって担当が分かれたりして。

3種のハーブとブリのコレシュ のレシピ
家庭で楽しむ ペルシャ料理--フルーツ、ハーブ、野菜たっぷり家庭で楽しむ ペルシャ料理--フルーツ、ハーブ、野菜たっぷり
(2009/09/11)
長谷川 朝子、レザ・ラハバ 他

商品詳細を見る

ローガンジョシュ会@RAJ

こんばんは、やりがなです。
今日は静岡からローガンジョシュを食べたいという方をお迎えしてRAJで食事をしました。

DSC01988_R.jpg
ローガンジョシュ、パロタ、ダルタルカ
ローガンジョシュは本来カシミリチリで油を鮮やかに赤く染めるものらしいです。
今回はパプリカ、赤唐辛子で代用しています。
オイリー&スパイシーで破滅的な美味しさ。
パロタも北インドっぽい油を練り込んだタイプとのことで重めですが、ニゲラが効いてて良い感じ。
これらにダルタルカを加え、しかもそれぞれお代わり付きで、1皿目でお腹いっぱい、いつもならご馳走様というところかもしれません(笑)

DSC01989_R.jpg
ブナキチュリ、サラダほうれん草のライタ
ブナキチュリはバングラデシュの郷土料理で、炒ったムングダルを使う豆ご飯です。
キチュリってお粥状のものもありますよね。
あっちはあっちでバングラデシュのお袋の味らしいです。

DSC01990_R.jpg
サバのマスタード煮
パキスタンからRAJさんお得意のベンガル料理へ。
いつもより少しマスタードシード多めとのこと。
現地ではブナキチュリに魚のフライを合わせることが多いらしいです。

DSC01991_R.jpg
甘とう美人のサブジ ベスン入り
パキスタンの方へ戻って、これは西インド風ですね。
ホールスパイスはフェンネルにアジョワン。

食事、RAJさんを交えての歓談ののち、安城のハラルショップを3件案内してお開きとなりました。

HALEEM

こんばんは、やりがなです。

DSC01984.jpg
HALEEM(☆6.25))
レシピに添えられたMEET COOKED WITH MIXED DALS AND GROUNDED WHEATという説明からすると、肉料理という位置づけなのかな。
作り方は大きく分けると、

1, ダル(チャナ、ムング、マスール、ウラド)、米を煮てドロドロにする
2, マトンカレーを作って煮詰める
3, 1と2を合わせた所に茹でたdalia(荒挽き麦)、ガラムマサラ、チャットマサラを加えてさらに煮込む
4, 刻んだ玉ねぎを炒めた所に、ショウガを入れて3に放り込む。好みでコリアンダーリーフ、レモン、ショウガ、グリーンチリを加える

という4工程で、肉とその他の材料(豆、米、dalia)の重量比は2:1です。
ビリヤニみたいですね。
現地ではご馳走なんでしょうか?お粥見たいだからビリヤニに比べて見た目の華やかさには欠けます。
味は匹敵すると思うんですが…。
検索してみると、現地ではエフタール(断食明けの食事)のときに食べるなどと書いてありますが、エフタールは軽食でお菓子を食べるともあり、はっきりとは分かりません。ラマザーンのあたりで食べる料理というのは間違いなさそうです。

これでもかというぐらいに煮込むので、作っていて、親の敵だと思え、という言葉が浮かぶほど。
圧力鍋が無かったら返り討ちにあっていたかもしれません(笑)
以前、チキンで作った時はdaliaが無くて大麦で作ったからか、粘りが出なかったんですが、今回は新田寺マハルで食べたハリーム並の粘りに。
味はスパイス、ショウガの量を抑えて、自分好みに調整しましたが、ハリームっぽさは出せたので満足しています。

HALEEM のレシピ
Food Path: Cuisine Along the Grand Trunk Road from Kabul to KolkataFood Path: Cuisine Along the Grand Trunk Road from Kabul to Kolkata
(2005/11)
Pushpesh Pant、Huma Mohsin 他

商品詳細を見る

知立市RAJで晩ごはん

こんばんは、やりがなです。
今夜は碧南市哲学たいけん村無我苑で開かれているお茶の頂き方教室に参加してきました。
これからはカレーと並行して頑張ります。

教室の後は急いで知立市RAJへ。オーダーストップぎりぎりセーフ。

DSC01977_R.jpg
マトンビリヤニ Mutton Biryani with Raita
味付けはもちろんのこと、ご飯の炊き加減も素晴らしいです。

DSC01978_R.jpg
ヨーグルトエビカレー Doi Chingri
この辛さ、この香り、この色、ハバネロです。
エビ、ヨーグルトと見事に調和していて無茶苦茶美味しいっす。

DSC01980_R.jpg
ゴボウのスパイス炒め Burdock Root Sabzi
写真だとほとんど見えませんが、山椒の実が入っており、これがゴボウと合います。大当たり。

今回も面白美味しかったです。

オマケ
DSC01981_R.jpg
RADHUNIのキチュリとテハリ
RAJさんがハラルショップで見つけたそうです。
米ごとパックされています。
テハリとビリヤニの違いが気になる所です。
ぱっと見、米の色が薄い。プラオより肉が多め。

ロビヤ豆と大根のカレー、タピオカのパイヤッサム

こんばんは、やりがなです。

DSC01974.jpg
ロビヤ豆と大根のカレー(☆6.0)
ロビヤ豆はブラックアイとも言われ、黒い目のような模様が特徴的な豆です。
今回参考にしたレシピでは豆の煮汁を取っておいてスープに使います(インドではやらないらしい)。
インド料理らしからぬシイタケのような香りが出て面白いです。
ニンニクも効いてるし、ラーメンでも入ってそうな感じ。
ブイヨンスープは省略しましたが、十分美味しく食べられました。

今日は久しぶりにインドデザートを作りました。
(晩ごはんが遅れても良いからということで妻にねだりました。デザートを買いにいくのも寒いし…)
DSC01976.jpg
タピオカのパイヤッサム
南インドのデザートです。
ココナッツミルク、牛乳などを煮たところに、あらかじめ茹でておいたタピオカを合わせます。
カルダモンの香りが良いし、ジャガリーのコクも良い。未練がましく少しずつお代わりしてしまうような美味しさです。
ちなみに、うっすらと見えてるのはレーズンとカシューナッツです。

ロビヤ豆と大根のカレー のレシピ
家庭で作る本格インド料理―「キッチンスタジオペイズリー」とっておきの上級レシピ! 中・上級編 (MARBLE BOOKS―daily made)家庭で作る本格インド料理―「キッチンスタジオペイズリー」とっておきの上級レシピ! 中・上級編 (MARBLE BOOKS―daily made)
(2010/05)
香取 薫

商品詳細を見る


タピオカのパイヤッサム のレシピ
ナイルレストランが教える はじめてのインド料理ナイルレストランが教える はじめてのインド料理
(2011/06/17)
ナイル善己

商品詳細を見る

チキンチェティナード、サツマイモとホウレン草のサブジ

こんばんは、やりがなです。

DSC01973.jpg
右から
チキンチェティナード(☆6.0)、サツマイモとホウレン草のサブジ(☆6.0)、ダール、ごぼうとエリンギと山芋の黒いカレー
南インドはタミルナードゥ州チェティナードのカレーです。
チェティナード料理はインド料理の中でもとりわけスパイシーで辛くて美味しいという評判だそうですよ。
八角を使うのは貿易相手だった中国の影響だそうです。
食べた感想はさわやかでスパイシー、でももっと尖った味にしても良いかもしれない。
冷めても美味しいですね。弁当に良さそうです。

サツマイモとホウレン草のサブジ(蒸し煮)は、何度か食べていますが、今回は全体的にスパイス少なめで作ってみたそうです。
サツマイモの甘みとアムチュール(マンゴーパウダー)の酸味が前に出ており、クミン、コリアンダーの風味はうっすらと感じられる程度。
酸っぱい物好きの妻らしいバランス、僕も結構気に入りました。

いちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレーいちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレー
(2011/06/27)
マバニ マサコ

商品詳細を見る


決定版 レヌ・アロラのおいしいインド料理決定版 レヌ・アロラのおいしいインド料理
(2011/08/08)
レヌ・アロラ

商品詳細を見る

ごぼうとエリンギと山芋の黒いカレー、ダールカレー

こんばんは、やりがなです。
年末のお店の予約はお早めに。

DSC01970.jpg
左から
ごぼうとエリンギと山芋の黒いカレー、ダールカレー、Aloo Machchi Ka Salan
最近は肉や魚が続いていたので今日は野菜中心で。
フィッシュカレーは昨日の残りです。
黒いカレーといっても、黒ゴマやイカスミを入れるわけではありません。
黒っぽくなるような野菜とスパイスの組み合わせのカレーということなんでしょうね。
マバニマサコさんのレシピを参考にしたんですが、そちらではごぼう、舞茸、キャベツが使われています。

マバニさんの『ベジ豆カレー』、『いちから始めるインドカレー』の2冊があれば、大体の食材に対応できて便利ですよ。
全体にお上品な味わいの料理が多い印象で、マニアとしてはもっとどぎついのが欲しくなることもありますが、他の本では見かけない細かいテクニックというかコツも載っていたりしておススメです。

ベジ豆カレー―身近な野菜と豆で作る、ヘルシーカレーベジ豆カレー―身近な野菜と豆で作る、ヘルシーカレー
(2010/01/18)
マバニ マサコ

商品詳細を見る

いちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレーいちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレー
(2011/06/27)
マバニ マサコ

商品詳細を見る

ALOO MACHCHI KA SALAN

こんばんは、やりがなです。
今夜はこれまでなかなか手が出せなかったパキスタン料理のレシピ本からの一品です。

DSC01968.jpg
ALOO MACHCHI KA SALAN(☆6.0)
パキスタンのジャガイモ入りフィッシュカレーです。
SALANとはウルドゥ語でカレーのことみたいです(でもここでいうカレーって何でしょう?)。

سالن

などと、ウルドゥ語を入力すると文字が左に進みます。ややこしい!

このカレーの特徴はヨーグルトをたくさん使うことかな。
その辺は同じムスリムの料理ということでベンガル料理と通じるところがあるのかもしれません。
スパイスは至ってシンプル…チリ、ターメリック、コリアンダー。
レモンジュースとカスリメティを加えるのが自分的には新感覚でした。
今回参考にしたこのレシピ本の中では、かなりのあっさり系です。4人前で油を大さじ2杯「しか」使いません。
それゆえに、この料理を選んだというわけですが(笑)

ALOO MACHCHI KA SALAN のレシピ
Food Path: Cuisine Along the Grand Trunk Road from Kabul to KolkataFood Path: Cuisine Along the Grand Trunk Road from Kabul to Kolkata
(2005/11)
Pushpesh Pant、Huma Mohsin 他

商品詳細を見る

昼食@知立市RAJ

こんばんは、やりがなです。
今日の西三河は一段と冷えました。みぞれ舞う中、車を走らせ、知立市にあるインド・ネパール料理RAJに行ってきました。

DSC01960_R.jpg 
ココナッツフィッシュカレー(ブリ) Fish Kurma
ポピーシードやココナッツミルクを使ったカレーソースでブリの切り身を煮込んだ料理です。
南インドの料理とは言え、日本の冬にも合います。
ポピーシードの風味と脂の乗ったブリのバランスが個人的にツボな一品でした。
牡蠣を使っても美味しいです。

DSC01961_R.jpg 
野菜カレー ジャガイモ、ハヤトウリ、モロッコ豆(愛知産)
タルカリと呼ばれるネパールの野菜カレーです。
特別メニューも良いですが、レギュラーメニューのこちらも外せません。
ハヤトウリはクセが無いし、味が染み込みやすくて良いですね。

DSC01964_R.jpg 
鶏もも肉の南インド風黒胡椒炒め(ハーフ) Chicken Pepper Fly
黒胡椒を強めに効かせたホットな一品です。
フェンネルの加減も良い感じです。
こちらも冬でも美味しい南インド料理というところでしょうか。
ご飯が進んじゃってお代わりするかしないかで葛藤しちゃいました。 

DSC01963_R.jpg 
バターナッツ(カボチャ)の南インド風炒め Pumpkin Poriyal
蒸したバターナッツをスパイス、ココナッツフレークを炒めた料理です。
ポリヤルはきのうのグルテシではキャベツで作りました。事前に野菜を蒸しておくか、スパイスと合わせて炒めるか蒸し煮にするか、など作り方が様々なようですね。
バターナッツはそれ自体の甘みが際立っているので、シンプルなスパイス使いをして素材を活かすのが良いんでしょうか。

今日は「冬の南インド料理」という感じでしたね。RAJさんもその辺りを意識されてたのかな?

南インド料理食事会グルテシVol.11

こんばんは、やりがなです
今日は名古屋市中生涯学習センターで開催された南インド料理食事会グルテシVol.11に参加してきました。
グルテシとは、てっしーさんという篤志家が主催されている、みんなで南インド料理を作って食べようという会です。

DSC01958.jpg
ミールス風の盛り付け
回を重ねるごとにクオリティが上がって来ているそうです。
とは言え、調理の要所要所は熟練された方がやってくれるので決して初心者にとって敷居が高い会ではありません。
料理名や解説は、てっしーさんのブログで紹介されると思いますので、そちらをご覧ください(いつも人任せでスイマセン;)。
あふれ出るカレー臭 http://gourtessy.hateblo.jp/

DSC01957.jpg
ハイデラバーディビリヤニ
関西方面から遠征してこられた「あれっくす」さん作のチキンビリヤニです。
ドゥで鍋と蓋を目張りして弱火で蒸し上げるダムっていう伝統的な方法で作られています。
(流石に蓋の上に炭を載せたりはしていませんが)
丁寧な作業を拝見させてもらって勉強になりました。

材料費と施設使用料を人数割りするので1人1,000円ちょっとで多彩な南インド料理が食べられる安くて美味い食事会ですよ(食事から参加も可です)。
次回はちょっと間が空いて、来年5月ぐらいの開催の予定だそうです。
詳しい開催情報はてっしーさんのブログでご確認ください。
プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon