第5回 新安城・インド料理の会

(…せっかく書いたものが消えて落ち込みぎみ)
第5回となる今回は14名でベンガル料理を作りました。
マスタードオイルやパンチホロンを多用するため参加者の方々の反応が楽しみ半分不安半分な中、AM11:00にスタート。
『The Rocky Horror Picture Show』などの怪しげでコミカルなBGMがこっそりと流れる中、テンポよく調理が進み、14時には食事にありつきました。

BN6KUWTCIAAawJN_20130701214559.jpg
・中央
 サリークイーン、炒りムングダール、コロラバジャ、カシュンディ、パイナップルチャトニ、ベグンボッタ
・カトゥリ(左下から右回り)
 チキンカレー、マチェルトク(鯖)、ツルムラサキのスパイス炒め、パニールとピーマンのドライカレー、ピタのパヤシ、チョッチョリ、ムーリーゴント、アマランサスのスパイス炒め、ラッチー
・ドリンク
 ブルハニ

サリークイーンは日本米とバスマティライスの掛け合わせ。先日、妻がはっぴー農産さんの見学会に参加した時に買ってきてくれたものです。バングラ産の高級香り米のカリジラ米(チニグラアロマッティックライス)も少しだけ炊きましたが食べるのも盛り付けるのも忘れてました(笑)個人的にお気に入りのカリジラ米を使ったフィッシュビリヤニを料理会で作る機会があれば良いなと思います。

カシュンディkasundiは、マスタードシードペーストをベースにしたチャトニーのようなものですが、レシピを漁ってみるとグリーンマンゴーやトマトを混ぜるものもあり、今回はグリーンマンゴーの代わりにソルダムを使用しました。このソルダムが青めのものを選び取ったもののこれが結構甘めで残念無念(笑)これは失敗かと思いましたが、ニンニクや塩を足していくうちに何とかマスタードの香りも引き立ってくれ形にはなりました。が、しかし大分余ったのでお持ち帰り。自宅でサンドウィッチ用のパンに塗ったり、ドイマーチに入れたりして消費しました。

チキンカレーはやりがなが馬鹿の一つ覚えのように唱えているヒネ鶏(廃鶏)を使ったシンプルながら旨みが際立ったカレーです(笑)こんな美味しい鶏肉が、冷凍とは言え100円/100gで買えるなんて幸せです(阿久比町名鉄坂部駅近くの肉の石川屋さんで購入しています)。かなり歯応えがあるので2cm角ぐらいにカットするのが吉。

マチェルトクは、タマリンドフィッシュカレーで、魚は鯖を使いました。チキンカレーが旨みが非常に強いものだったので、フィッシュカレーは強い酸味にほのかな魚の旨みというバランスにしたかったんです。このマチェルトクを担当してくれたのは、8月下旬に岡崎市に「ほなの地球ごはん」というお店をオープンされるプロの方で、流石の腕前。タマリンドの分量をレシピの指定よりも多めにしてくれました(うち好みで感謝)。

ツルムラサキとアマランサスはそれぞれスパイス炒めにしたのですが、「現地」を感じられるアイテムになりました(行ったことないけど笑)。

パニールは当会では初めての使用(Amulのもの)。買出しの時にRAJさんが仰っていた通り、ピーマンの青臭さと良く合うと思います。インドらしい食材ですが、あまり反響がなかったような気がするので粘り強く使っていきたいです(笑)トマトもあわせてティッカにするのも良いですね。

ピタのパヤシは、Chui Pithaをカルダモン、ドライレーズン、カシューナッツ、砂糖と共に牛乳で煮込んだデザートです。ただ、ニューボイシャキレストランの2Fで購入したこのChui Pithaが現地ではどのように使われているのかはっきりしません。Wikipedeiaに"Chui Pitha or Chutki Pitha (Traditional Old Dhaka Pitha)"という記述が見られるぐらいで…
画像検索してもズバリというものが見つかりません。店員さんによれば、インド人もバングラ人も大好きなデザートらしいですが。
(Pitha全般に関してはBanglapediaなるサイトに解説あり。)
情報お待ちしておりますm(_ _)m
chui pitha

ムーリーゴントMuri Ghontoは、魚のアラと豆の煮込みで、今回は鯛のアラ(¥298)を使いました。試作が間に合わずメニューから外したんですが、RAJさんがぶっつけ本番で初挑戦にもかかわらず美味しく仕上げてくれました。今回はマスールダルだったけど米を使うこともあります。こういう余り物を使った素朴な料理はさり気なくて好みです。今度自作してみるつもり。

ブルハニは、自炊生活を始める直前(つまり何も知らないとき)にタージベンガルさんのベンガル料理食事会で飲んでびっくりした、辛くてスパイシーなヨーグルトドリンクです。ハラールショップに行くと、ミックススパイスも売っているのを見かけますね。
ヨーグルト、水、パウダースパイス(クミン、ブラック&ホワイトペッパー、マスタードシード)、青唐辛子、岩塩、砂糖、ミント&コリアンダー&ショウガのペーストという構成。
皆さんを驚かせたかったのですが、僕が作るとパンチが弱くなるようで、悪い意味で美味しくなってしまい、そしてわざわざそこから手を加える気にもならず、1人で何度もお代わりすることに。暑い季節には良いですね~。

…という感じの第5回でした(写真が撮れなかったので文字ばかり、だれか画像頂戴)。
月イチペースで付き合ってくれる参加者各位には感謝感謝でございます。
解散後に、豚肉食べれませんが良いですか?という新規参加希望の問い合わせがあり、喜んで!早くも次回が楽しみです。

参加してくれた方のブログ

・リあるぐるめリあん-めくるめく、にっぽんカフェ紀行-
http://ameblo.jp/glmrian/entry-11547641536.html

チリチキン、ヒラタケ&空心菜のスパイス炒め、コールラビのホッダ

チリチキン
チリチキン、ヒラタケ&空心菜のスパイス炒め、コールラビのホッダ

ベンガル料理食事会@RAJ

IMG_1406_R.jpg
IMG_1407_R.jpg
IMG_1408_R.jpg
IMG_1411_R.jpg
リサイズ (8)_R
IMG_1410_R.jpg
リサイズ (6)_R
リサイズ (7)_R

リサイズ (4)_R
リサイズ (1)_R

Lakkhan Kari

ロッコンカレー
Lakkhan Kari
西ベンガル州はシャンティニケタン村から1時間余りの所にある、小さな村に暮らす料理上手な小作農・ロッコンさん特製チキンカレーです。
ホールスパイス無し、パウダーはクミン、コリアンダー、ターメリック、チリ、ガラムマサラ。
ヨーグルトやトマトも使わないとてもシンプルなカレー。
肉は冷凍のヒネ(老鶏のモモ)を使ってみました。インドでチキンカレーをほとんど食べていないので分かりませんが、現地の味わいに近いのかな。チキンは歯応えがあるので小さめにカットするのが吉。舌を力強く押さえつけられるような旨みはヒネ鶏ならでは。チキンの旨みとジャガイモの粒子にカールを連想してしまいました(笑)

たまねぎ
ちょっと変わってるなぁ思ったのは、初めにマスタードオイルで砂糖を熱してカラメル化させるところ。温度が上がって来ると泡立ってから褐色化します。写真はその状態で玉ねぎを投入したところ。

アップルポテト
じゃがいもはコチラを使用。アップルポテトと言うのはアンデスレッド(ネオデリシャス)のことなのかな?皮ごと食べても酸味が気になりません。煮崩れは多め。

Lakkhan Kari のレシピ
とっておきのインド・ベンガル料理とっておきのインド・ベンガル料理
(1995/07/20)
佐々木 裕子

商品詳細を見る


きのこのベンガル風スパイス炒め、かぼちゃカレー

きのこのトルカリ
きのこのベンガル風スパイス炒め、かぼちゃカレー
週末に浜松周辺の産直市巡りをした際に手に入れたヒマラヤ茸、タモギ茸をミックスして使ってみました。
どちらもヒラタケ科ヒラタケ属のキノコだそうで旨みも香りも抜群です。
ホールスパイスはニゲラ、マスタードシード。パウダーはクミン、コリアンダー、ターメリック、ガラムマサラ、アムチュール。あとはイエローマスタードシード大さじ1をペーストにして使ってます。
ニンニクショウガは不使用。僕の中ではニゲラがショウガ的な役割です。フィッシュカレーで使う時よりもやや多めに入れてみましたが、キノコの風味が強いので良いバランスに仕上がりました。

参考にしたレシピ
http://www.bengaligourmet.com/2011/11/durga-chhatu.html#!/2011/11/durga-chhatu.html

豊田市・はっぴー農産にてサリークイーン試食会

 DSC02946_R.jpg 

こんばんは、やりがなの妻です。

今日は豊田市の「はっぴー農産」さんにて、サリークイーンという品種のお米を栽培しているとの事で、見学する機会を頂きました。
サリークイーンとは、日本のうるち米とパキスタンのバスマティ米を掛け合わせた品種で、
今まで全然聞いたことありませんでしたが、どんな味がするのか興味深々。
うるち米とバスマティの中間の性質という事で、試食会を楽しみにしつつ田んぼへ移動。


ついこの間田植えをしたばかりで、10月には刈り取りの予定だそう。
減農薬での栽培とのこと。
DSC02951_R.jpg 


のどかな風景。サリークイーンの田んぼは両隣合わせて3枚あるそうです。
昨年は700KGのサリークイーンが収穫出来たそう。
DSC02947_R.jpg 


植わってる感じ見た目は普通の日本米のよう。
DSC02948_R.jpg 
DSC02950_R.jpg
こちらでのサリークイーンの栽培は今年で3年目。
今後、日本では種もみが入手できなくなるかも・・・?、という懸念もあるようです。


飼い犬のラブ次君はおりこうさん。
DSC02965_R.jpg 


こちらでは、長久手のあぐりん村にも日本米を販売してるそうです。
お米以外にも、桃や麦も栽培されています。
今月末から桃の販売もするとのこと。

DSC02962_R.jpg 


これがサリークイーン。
バスマティのような見た目を想像していたので、意外と日本米に見た目が似ているという印象を受けました。

DSC02945_R.jpg 


その後、お楽しみの試食会。
DSC02972_R.jpg
なんと、本日はお二人が特製カレーを持ってきてくれました~ ∩(´∀`)∩ワァイ♪

素敵なインド料理4種類(写真上から、黒ひよこ豆のカレー、サンバル、チキンカレー、ベンガル風野菜の煮込み)
と一緒に頂きます!
DSC02973_R_20130618213340.jpg 
 DSC02976.jpg
で、肝心なご飯は、写真うつりが悪くてすみません…
日本米ほど粘っこくなく、バスマティほどさらっとしていません。
香りはバスマティほど強くありません。
甘みも日本米ほど甘くなく、しかしバスマティよりは甘いです。
ほんとに、日本米とバスマティの「中間」という感じです。

インド料理とも良い相性だと思いますし、私は和食と合わせてでも全然いけます。
もしスーパーに売ってたら買いたいと思います。


せっかくなので、自宅&食事会用に5KGを分けて頂きました。
普段はこちらでは販売しておりませんので、購入したい方はネットショップ アグリマートでどうぞ。
DSC02974.jpg


帰宅後、仕事で見学会に参加できなかったやりがなさんの為に、さっそく夕飯に炊いてみましたよ。
サリークイーン 

夕飯はチキン・ジャルフレイジ。
ジャルフレジ 






はっぴー農産の皆様、ご一緒させて頂いた方々、今日はありがとうございました。





ベンガルのご馳走カレー

こんばんは、やりがなです。
明日はインド料理関係の方々とサリークイーンという日本米とバスマティを掛け合わせたお米の生産者さんのところへ見学に行く予定だったのですが、僕は残念ながら仕事でキャンセル。妻にまかせました。

さて、今夜の自炊料理ですが、ちょっとつかみどころのない感じ。
ベンガルのご馳走カレー
ベンガルのご馳走カレー
大エビ(ベンガル地方ではご馳走?)を使うレシピなのに鱒に変更。なので「ご馳走」カレーとは言えないかもしれません。
(はっきりした味の)大エビのステーキに(マイルドな)ココナッツベースのソースを合わせるという狙いの料理だとすると、鱒だと少し弱いかも。
作った妻がなぜこのレシピを選んだか量りかねるところもあり、今日は何ともコメントしづらいですが、美味しく頂きました(笑)
僕も忘れてましたがこれまで食べてきた鱒と呼ばれる魚は、鮭に比べて身が柔らかくやや旨みが少ないものが多かったような気がします。この魚をより美味しく食べるためのスパイス&ハーブ遣いってどんなのだろうなぁ、食べながら考えてしまいましたが、妙案は閃かず。


ベンガルのご馳走カレー のレシピ
いちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレーいちから始めるインドカレー: 簡単なのに本格味。とっておきの63カレー
(2011/06/27)
マバニ マサコ

商品詳細を見る

マンボウの腸タカ・タック

やりがなです。
産直市でマンボウの腸を見かけ、以前RAJさんがタカタクにしていたのを思い出し、ちょっと挑戦してみようということで2パック購入してみました。

マンボウ腸
腸はマンボウの中で一番美味しい部位という声も。

マンボウ腸タカタク
マンボウの腸タカ・タック
タカ・タックと言えば、大きな鉄板の上でチキンやマトンの心臓や腎臓、脳などを鉄小手で「タカタカ」リズミカルに叩くようにして炒める料理というイメージでしたが、今回作るにあたって検索してみると、肉の他にパニールや野菜と使う食材は様々、それに応じて味付けも変わるという、タカタカやる以外は、これと一つに決められるような特定の調理法をもたない料理のようです。パキスタンの屋台で作っているところを見てみたいなぁ。

今回は腸をあらかじめ細切れにしてからマリネしたものを、オニオンフライに合わせて炒めていく方法で作りました。
ホルモンは好きな方ですが、調理中、腸の独特の匂いが気になりました。
それでも最後にタマリンド水を加え、水分が飛ぶまで炒めていくうちに程好く和らいでくれ一安心。
スパイシーで酸味が効いていて美味しかったです。チャパティとの相性も抜群ですよ。

南インド風さばカレー

こんばんは、やりがなです。今夜も平常運転。

サバの水煮缶カレー
南インド風さばカレー
うーん、そそる色。鯖の水煮缶を使ったお手軽タマリンドカレーです。
お分かりの方も多いかと思いますが、"南インドの衝撃"カルナータカーの土屋充氏のレシピを参考にしました。
タマリンド、何それ、そんなの持ってないよ!って人でも大丈夫。レシピでは梅干しで代用してます。軽い気持ちで作って白いご飯にかけて食べてみてください。この夏は酸っぱいフィッシュカレーにハマるかもしれませんよー。
(うしろの白いのはツルムラサキ入りヨーグルト、よろしければこれも一緒にご飯にかけて…)

南インド風さばカレーのレシピ(しあわせ!シェフごはんHP)
http://hicbc.com/tv/chef-gohan/20130208.htm

フローレンスフェンネルのパンチホロン炒め、カボチャのポリヤル

こんばんは、やりがなです。
今日は野菜ばっかりでした。

フローレンスフェンネルのパンチホロン炒め
フローレンスフェンネルのパンチホロン炒め、カボチャのポリヤル
産直市に味の濃い野菜が多く並ぶ季節になり、我が家の食卓では野菜そのものの味を楽しみたいというような料理が増えている気がします。
シンガポールでの食べ歩きで素材の威力にガツンとやられた影響も少なからずあるでしょうし、根本的に複雑で繊細な料理をイメージする力も具現化するテクも無い、ということもあるんでしょうね(苦笑)

ナスとコールラビのサンバル、ビーツのポリヤル

今夜は久しぶりに南インド料理です。

sambar_20130612230554.jpeg
ナスとコールラビのサンバル
タルカにギーを使用。力づく、といった印象。

beetroot poriyal
ビーツのポリヤル
生ココナッツを使いたいのはやまやまですが、フレークと牛乳で代用(ブラジルショップで売ってるんだけど1個700円ぐらい…値が張ります)。

ベイガンキーマ、ジャガイモとハナビラタケのサブジ

keema curry
ベイガンキーマ、グランドペチカとハナビラタケのサブジ
牛豚の合挽肉とナスのカレーです。肉の風味がどうにも気になったので、アムチュール小さじ1、それとコリアンダーパウダーを参考にしたレシピの倍量ぐらいいれたらイイ感じに落ち着きました。これまで自作したキーマの中では一番美味しかったので満足。

グランドペチカは皮が真っ赤なジャガイモで、長崎生まれの品種だそうです。煮崩れしにくいとのことですが、使ってみて納得。火が通っても確かに崩れませんでした。香りの強いハナビラタケと一緒にシンプルな蒸し煮に。

ベンガル風野菜煮込み

ようやく風邪と口内炎が治りました。気持ちよくカレーが食べれるということで、昼間はRAJさんに行ってきました。
夜は自宅で簡単に。

chorchori.jpg
ベンガル風野菜煮込み
ムカルジーさんの料理本でいうところのチャチュラのレシピを参考にしていますが、WikipediaのBengali cuisineを読んだ感じTorkariと呼ぶのが適当なのかな。
Torkariは、もともとは野菜自体のことだったのが、野菜カレー、そしてフィッシュカレーにまで意味が広がっていったみたいですね。
作り方は簡単。マスタードオイルで鷹の爪、クミンパウダー、コリアンダーパウダーを炒めてから(ここちょっと不安)、野菜を加えてさらに炒め、水、塩、砂糖を加えて煮込むだけ。
野菜はビーツ、モロッコインゲン、ナス、カボチャを使用。
マスタードオイルの香りと野菜の甘さがうまくマッチして何回作っても美味しいのは良いんですが、料理名でまだ少しモヤモヤしているやりがななのでした。

Macher Tok

やりがなです。
風邪による体調不良と口内炎で外食を自粛。

JAの産直市で買ったイシモチ(7匹で196円に飛びついたのです…)をいい加減どげんかせねば、ということで妻にふりました。
マチェルトク
Macher Tok (Tamarind fish curry)
ギョギョギョ!この眼!伊藤潤二さんの作品世界に迷い込んだような気持ちになります。
妻はベンガル料理を選択。魚をタマリンドソースで煮込むMacher Tokです。
tokは、「酸っぱい」という意味で、タマリンド以外にもグリーンマンゴー、グリーンオリーブなども酸味づけに使うらしいです。
妻に今日は塩焼きでも良いよとは言ったんですが、さすがは酸っぱい物好き。

フローレンスフェンネル
思ったよりも実が崩れませんでした。
小骨まで結構硬くて食べにくいですが、身は淡白な味ながら十分美味しい魚。

イシモチは妻に任せ、僕は僕で食材とにらめっこ。
フローレンスフェンネル
フローレンスフェンネル
産直市には本当に珍しいものが売っています。これは肥大した茎の部分だそう。ちゃんとフェンネルの香りがするから驚きと言うか…。
とりあえず齧ってみると、シャキシャキした食感と強めの甘みがあってヤーコンを思い出しました。
刻んでサラダでもイケそうだけど、ちょっとこねくり回したい心理(?)が働いて、ベンガルシリーズでトルカリにすることにしました。
スタータースパイスはパンチフォロンのフェンネル抜き。フローレンスフェンネルの薄切りとナスを一緒に炒めて蒸し煮にしてみたのですが、レッドペッパー入れ過ぎで辛くなりすぎたり味がキマらずに牛乳を足してみたりとやりがな大迷走。すいません、写真は割愛します。
揚げ物にすればルッチーみたいで美味しかったかも。

Macher Tok のレシピ
とっておきのインド・ベンガル料理とっておきのインド・ベンガル料理
(1995/07/20)
佐々木 裕子

商品詳細を見る

豚肩ロースとタアサイの八角煮込み

すいません、またまた非インド圏料理。スパイスは使用しているので載せておきます。

豚ロースとタアサイの八角煮込み
豚肩ロースとタアサイの八角煮込み
豚は先日ビンダルーにしたばかりだし、今日はあんまりカレーカレーさせたくなかったのでクミンやメティは不使用で、スターターで八角をひとつポキポキ割り入れてみました。
マサラを作って肉を炒めて、水を足して煮込むっていうとこまでは結局いつもの流れ通り、あとはタアサイの葉の風味を損なわないように気休めかもしれませんが最後の最後で投入。
結果、けっして美味しいというわけではないが、食べられなくもない、どっかにはありそうな感じの料理に仕上がりました。
肉は豚バラ、それも薄切りの方が良かったかもと思っています。それとちょっと八角が強かったかな。思えば、ビリヤニぐらいにしか使ったことが無いような気がするので、人のレシピ等で改めて勉強してみます。

カリフラワーとグリーンピースのカレー

フルコピモトシュティールトルカリ
カリフラワーとグリーンピースのカレー Fulkopi Motosuntir(Motorshutir?) Torkari
スタータスパイスにパンチホロンを使用したベンガル風野菜カレーです。
レシピに忠実に作るのであれば、マスタードオイルは4人分で100cc入れるところですが、半分ぐらいにしといたそうです。多めに入れたほうが美味しいのかもしれませんが、それは皆でシェアする時にしよう。

ところで、グリンピース(Motorshutir)は苦手だったのを最近克服してからというもの、積極的に食べるようになりました。検索してみるとベンガル地方でも使われているみたいですね。

伝統的なレシピかは分かりませんがダール(豆カレー)も発見。

Bengali Matarsutir Dal ( Microwave Recipe)
http://www.tarladalal.com/Bengali-Matarsutir-Dal-(-Microwave-Recipe)-35117r

黒胡椒やミルクを入れるそうで、ちょっと想像が付く気もしますが、一度試してみたいです。

とっておきのインド・ベンガル料理とっておきのインド・ベンガル料理
(1995/07/20)
佐々木 裕子

商品詳細を見る

ベンガル風ヨーグルトフィッシュカレー、,炒りムングダールカレー、からし菜の炒め物

doi mach
ベンガル風ヨーグルトフィッシュカレー,炒りムングダールカレー、からし菜の炒め物
Doi Machと呼ばれるベンガル料理です。
Doiというのは、ヨーグルトのことらしいんですが、現地で使われているものの乳脂肪分や酸味はどんな按配なんでしょう。気になります。
ところで写真に見えますこの黒い粒つぶ、ニゲラは僕の中では甘いような香りの強めのスパイスで、イリッシュとかもっとオイリーで泥臭い魚(良い意味で笑)だったら良いんですが、今回のようなサバだったら抑え目にしたほうがいいかな。でもまあ、なんと言うか、香りも見た目もきどってなくて好きなスパイスです。

Doi Mach のレシピ
Bangladeshi CuisineBangladeshi Cuisine
(2009/02/28)
Shawkat Osman

商品詳細を見る

マダコとソラマメの混ぜご飯

すいません、インド料理でも何でもないですが…

写真
マダコとソラマメの混ぜご飯
タコのスパイス炒めをヴァンギバス風にご飯に混ぜ合わせてみました。
茹でダコの突き抜けるような旨みとバランスを取るためにコリアンダーパウダーを小さじ1、2…3と投入していったのですが、最後に間違えてガラムマサラを入れてしまい、ご破算、結局カレーチャーハンテイストに。
悪いながらも、香り付けにいれたハラペーニョが全体を引き締めてくれて助かりました。
昨日の残りの海老カレーと合わせる都合で塩加減はかなり控えめにしました。でも、エビ&タコでちょっと旨み強すぎでクラクラです。
ソラマメは入れてみたもののそのものが十分美味しいせいかちょっと浮いてたかな。
結論、ご飯ものはやっぱり難しい(そもそも自分は旨み系ご飯はあまり好みじゃないのかも…)。

Zucchini Chingri、Sarson-Aloo ka Saag

今日は昼過ぎから西三河の産直市巡りをしてました。
7軒も回った収穫は、ハラペーニョ、からし菜、山椒の実(生)。
(あとは新安城駅北口の方のハラルショップでCHUI PITHAを購入、隣のブラジルショップで生ココナッツを発見)


食材調達でだいぶくたびれましたが、夕飯は2,3日ぶりに自炊しました。

ズッキーニチングリ
画像がボケててすいません。

手前は、一色産の赤車海老と安城産のズッキーニを使ったベンガル風カレーです(産地明記で調達の苦労をアピール)。
レシピはムカルジーさんのLau Chingreeを参考にしました。
海老は小麦粉をふりかけて揚げてから最後にガラムマサラと一緒にカレーに投入。美味◎。

左奥のSarson-Aloo ka Saagはからし菜が手に入ったので初挑戦。
葉っぱの内訳は、からし菜:ほうれん草=1:2でございます。
もともとはパンジャブ料理でトウモロコシ粉のロティと一緒に食べるのが一般的らしいですが、ロティを作る時間的余裕が無かったので、ジャガイモのローストを混ぜ込んでアルパラクみたいにしてみました。
ほのかに感じられるからし菜の苦み、アムチュールの酸味で味に奥行きが出て、これは大人のアルパラク。こちらも美味◎。

Lau Chingree のレシピ
とっておきのインド・ベンガル料理とっておきのインド・ベンガル料理
(1995/07/20)
佐々木 裕子

商品詳細を見る
プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon