インドに行かずに作るインド料理の店Sadhu

知立市のSadhu(旧RAJ)でダルバートを食べてきました。
本日のランチをもって店仕舞いということもあってか、店内はお客さんで賑わっており、空席を求めてあたりに目をやると、顔見知りの方がいたので同席させて頂きました。
シェフの鈴木さんの様子を窺うと料理よりも席よりも皿が無いということで、妻と2人で皿洗いを手伝うことにしました。

2014012623120082b.jpg
ダルバートにチキンカレー、それから写真は無いけど野菜カレーにありつくことができました。初訪店からおよそ2年間通ったお店ですが、地元にこうも美味しく自分好みの料理を頂ける場が存在したことは本当に豊かなことで、良い思い出となりました。

帰宅後、夕飯にあり合わせの食材でダールとサーグを作りました。お代わり的な感覚です(笑)
20140126231157154.jpg
Sadhuさんオマージュのウラドダル入りダール。皮付きが無かったので全然黒っぽくないですが…美味しく作れました。
サーグは豆苗、後ろのは鯖缶を使ったマチェルトク。

マドラスチキンカレー

20140124215928475.jpg
マドラスチキンカレー
玉ねぎの炒めは透明になる程度に。マサラの色をココナッツミルクとタマリンド水で薄める。心地よい濃度に調整。ホールのブラックペッパー入り。


人間と動物人間と動物
(2013/02/27)
電気グルーヴ

商品詳細を見る

イカのビリヤニ

20140119203007b9b.jpg
イカのビリヤニ(スパイシー炊き込みご飯)
酸っぱくてスーピーなイカのトマトカレーでバスマティライスを炊き込みました。生米から炊いたのでヒンドゥー式というのかな。
カレーはノリです。オールスパイス、ブラックペッパー、メティシード、ヒングをテンパリングして、青唐辛子、トマトを炒める。コリアンダーパウダー、ターメリック、カットしたイカを加え炒めてから塩と水を入れて少し煮てからレモン汁で酸味を調整しました。
それを浸水させておいたバスマティ、コリアンダーリーフと共に炊飯器で炊くだけのお手軽ビリヤニですが、割と安くて美味しいのでオススメです。

アルゴビ

20140114221222add.jpg
アルゴビ
冬はやっぱりコレで決まり!
おうちで作りましょう。


5つのスパイスだけで作れる! はじめてのインド家庭料理 (講談社のお料理BOOK)5つのスパイスだけで作れる! はじめてのインド家庭料理 (講談社のお料理BOOK)
(2012/05/11)
香取 薫

商品詳細を見る

第12回 新安城・インド料理の会

今回で12回目で初の日曜日開催。そのおかげか普段よりやや多めの人に参加いただけました。

1年間も続けられたことに我ながらちょっと驚いています。
メンバーさんや妻の力によるところが非常に大きいことを実感しながら、感謝しながらも、事前準備は回を追うごとに遅れ、今回は当日午前2時に何とか完了(投了?)。
レシピの1/3ぐらいは、ネットで拾って英文和訳せずそのまま押しつけるという状態に。
hindiじゃないだけマシでしょうか(笑)ごめんなさい

ところで、世間ではB級のご当地料理を競い合う大会が催され、これが結構人気を博しているようです。
会社の食堂で周囲の会話に聞き耳を立てて知りました(他にはゆるキャラブームとか)。
それならば、うちの料理会でそのインド版をやってみたらどうだろう?と暮れに天啓を得て(寒さと長距離移動の疲れのせいだったのかも)、大事に温めていたはずの企画が、いつのまにか冷えて死にかけていたのを、前日に緊急手術したというのが第12回のメニューになります↓

20140112182808f58.jpg
普通のグジャラート風ターリーな構成になりました。
(閃いた当初はトーナメント表みたいなお品書きにする予定だったのですが自主規制して良かったのかも…)

用意の不備を動き回って補いながら完成した新年一発目のターリーがこちら
20140112182810220.jpg
ソーンパプリがチョーレの横にあるのはおかしいというのは言わない約束。僕が盛り付けて僕が食べました。
料理の出来栄えということではなく、料理そのものが一つでも皆さんの琴線に触れてくれていれば良いなと思ってます(家で自作して貰えたりすると何となく嬉しいんですよね)。個人的には色々試せて良かったという会でした。

20140112183103a16.jpg
今回の主役(頼みの綱)ダンサク3点セット(ブラックタイガー使用)、ブラウンでなくプレーンライス。
パールシーの「カレーライス」です。BGMはQUEEN(パールシーつながり。楽曲からインドを感じるわけではないですがカレーに合う気がする)。
単品で美味しいダンサクのおかげで他で冒険できました。ライスは軽くしたかったので湯とりです。

20140112182814af9.jpg
アルー ティッキ チョーレー
アルーティッキ(インド風コロッケ?)とチャナマサラにソース(ヨーグルト、タマリンド&グリーンチャトニー、トマトシャーク)をかけ、セブ、赤玉ねぎ、香菜を散らしたもの。インドのストリートフードとして有名だそうです(チャミヤラキッチンで食べれるあれです)。
アルーティッキは単体で食べても美味しいし、チャナマサラは酸味強めでプーリーと合う。もちろん各種チャトニーも然り。トマトシャーク&セブはカトゥリにも入れました(グジャラートっぽいので)。色々組み合わせられて面白いですね。

201401121831027ca.jpg
カッタ(サワー)ドークラはGitsのMixを使いました。米&豆粉の蒸しパンで南でいうイドゥリですね。
結構ヒング強め。無発酵なので酸味はクエン酸とその場で混ぜたヨーグルト。

2014011218281215a.jpg
ベサン少なめでシャバシャバのカディは汁気の少ないもったりとした料理の中でオアシス的な存在になってくれました。
南だけでなく西もマスタードシードとカレーリーフを多用するんですかね。
Sev Tamate nu Shaakはトマト缶を使ったので濃厚になりすぎたかもしれませんが、「雰囲気」が出ていた気がします。

20140112182814f77.jpg
アルーティッキ単体(結構人気があった)、チャパティ&プーリー、安心のキャベツのバジ、パニールマタルはグリーンピース(乾燥豆を水で戻したもの)が不味くて良いとサドゥーさんから高評価?

デザートは普段なかなか買わないであろうソーンパプリ。僕も初めて買いました。
201401121831012da.jpg
余りはやりがな家のおやつに持ち帰りました。自宅で右のをヨーグルトを食べるときに入れてみたけどそのまんまの味(笑)

ALOO RASWALA

やりがなです。年が明け、ダラダラした生活を送っております。
僕は日に10時間寝れるると気持ち良く生活できるみたいです。
朝(昼)起きてすぐ食欲があるのも普段はなかなかない事です。
今日はGits社のReady Mealsシリーズ・ALOO RASWALAを食べました。いわゆるレトルトカレー、手っ取り早くて好きです。
20140105144514f76.jpg
ニゲラがたくさん写っていますがこれは演出だと思います。
辛さはミディアムとのこと。
Raswalaっていうのはニンニクのことかな、walaが語尾につくのをたまに見かけます。

20140105144515dd2.jpg
ホールスパイスがたくさん入っているみたいです。パンチホロンの役がついてます(笑)比率は分かりません。

20140105144512834.jpg
食べた感想、甘酸っぱいのはトマト、玉ねぎ、何よりアムチュールかな、かなりフルーティです。あとミディアムということですが少し辛めに感じました。それと全体的に香りは弱めかな。名を連ねているスパイスを見るに作っている時が一番香りを楽しめそうな気がします。
僕はライスと食べてしまったこともあり、リピは無いかなと思ってたんですが、パーケージ写真にあるようにプーリーとは相性が良さそうで、しまったという感じ。

ということで夕飯はプーリーを作りました。無性に食べたくなってしまったのです。
20140105212026d59.jpg
妻も寝ているしお腹も空いていたので丁寧さよりもとにかく勢い重視で。プーリーの生地なんか手のひらで押しつぶして伸ばしました。ほうれん草のカレーはアムチュールで酸っぱめに。
これがオイリーなプーリーと絶妙に合うんです。揚げ油の処理が面倒なぐらいであとは手軽なのでオススメです。

ダンサク、ブラウンライス、カチュンバル

20140104205654a3a.jpg
ダンサク、ブラウンライス、カチュンバル
パールシーの定番料理であるダンサク3点セットをまた作っちゃいました。次回の料理会の試作で今回はラムでトライ。
豆はトゥール250g、マスール50g、ムング50g。野菜はかぼちゃ、ナスを使いました(もちろん玉ねぎ、ニンニクショウガも)。味は不味くないですが、やはりもったりしてしまいました。トゥールを減らすべきかな。

ブラウンライスの色は玉ねぎではなく砂糖をキャラメル状にして出してます。香ばしくてなかなか良いけどもう少し茶色くしたかったです。
フライパンで炊き干ししたんですが、火加減とかよく分からないしいっそ炊飯器の方が楽かも。

渡り蟹のココナッツカレー

2014010320423222b.jpg
渡り蟹のココナッツカレー
バーレーン産のワタリガニを南インド風のココナッツカレーにしました。
ココナッツミルクの甘み、蟹の旨み、コリアンダーシードの香りで南国情緒溢れる一品です(それとタマリンドの酸味も効いています)。
バスマティライスと相性が良いのは良いんですが…蟹もご飯も値が張るのと(まあ知れてますが)、殻ばかりで食べにくいのもあって我が家では滅多に作らないレアなメニューですが正月気分ですかね。今回はレシピも半量の2人前だけ作って食べきりました。


おうちで本格インドカレー: スパイスを知るとこんなにおいしくなるおうちで本格インドカレー: スパイスを知るとこんなにおいしくなる
(2011/07/16)
小野 員裕、中村 直也 他

商品詳細を見る





里芋とロビヤ豆のカレー

2014年、最初の更新です。本年もよろしくお願いします。
カレー初めは昨年末に池袋の味家(スクティ?)さんでいただいたカレーが美味しかったのでその真似カレー。

20140102234106a36.jpg
里芋とロビヤ豆のカレー
黒い目のような模様が特徴的なロビヤ豆とマスールダルを煮たところにターメリック、塩、別茹での里芋を加え、ショウガ、ジンブーでテンパリングしました。美味しー
本家は八ツ頭という甘み強めな里芋を使用とのことですが、スーパーで買った普通のものを使用しました(新大久保で実物を発見しましたが、買わず終い)。
これを食べたら豆の旨味に驚く人がいるんじゃないかな。個人的に里芋とロビヤの相性の良さの方に驚きました。
大根やキャベツだったら苦手かも。

ちなみに下記が味家さんの本物。
2014010223411128f.jpg
見た目、味ともに近い感じになりましたが、閉店間際につき、ありあわせで作ったものだそうなので、普段の味とはまた違うのかも(マスールも僕が勝手にいれただけ)。
シェフのプルジャさんによると2013年を持って閉店、ネパールへ一時帰郷するとのことですが、また都内で場所を変えて店をやる意思があるそう。実現するといいなぁ。
プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon