Alu Posto(じゃがいもの蒸し煮)、Palang Sag Bhaja(ほうれん草の炒め煮)

DSC00895.jpg
右:Alu Posto(じゃがいもの蒸し煮)☆5.5
左:Palang Sag Bhaja(ほうれん草の炒め煮)☆5.75

アルパラク用に買っておいたほうれん草がベンガル料理に化けました。
どちらもマスタードオイルとパンチホロン(5つのスパイスをミックスしたもの)を使ってます。
フェンネルの風味が蒸し暑い梅雨の気候とマッチしています。
ベンガル料理はあえてエアコンをつけずに暑苦しい中で食べるのが良いかもしれませんね。

ジャガイモの蒸し煮のポピーシード(ケシの実)はカシューナッツの代用品です。
ペーストにして使う予定がスパイスクラッシャーでもなかなか潰れなかったそうです、ちゃんと水にはつけといたそうなんですが。

あとはこれに酸味の効いたフィッシュカレーがあれば最高ですね、マチェル・トク(魚のタマリンド煮)とか。

とっておきのインド・ベンガル料理とっておきのインド・ベンガル料理
(1995/07/20)
佐々木 裕子

商品詳細を見る
Related Entries

Trackbacks


Use trackback on this entry.

まとめtyaiました【Alu Posto(じゃがいもの蒸し煮)、Palang Sag Bhaja(ほうれん草の炒め煮)】

右:Alu Posto(じゃがいもの蒸し煮)☆5.5左:Palang Sag Bhaja(ほうれん草の炒め煮)☆5.75アルパラク用に買っておいたほうれん草がベンガル料理に化けました。どちらもマスタードオイルとパンチ...

Post a comment

Private comment

ポピーシードはスパイスクラッシャーよりもすり鉢の方が潰しやすいですよ。
ベンガルではカシューナッツの代用品かもしれませんが、日本ではこっちの方が経済的な負担が大きくなってしまいますね。
そういえばスリランカはフェンネルを良く使うイメージですが、とても蒸し暑い気候だそうで、その対策なのでしょうかね?

RAJさん

確かにすり鉢のほうが良さそうですね。

スリランカも魚を良く使うからでしょうか。トゥナパハにもフェンネルを入れますね。
合う合わないは感覚的な要素も強いので難しいですね。実際の効能は分かりませんが、爽やかな風味が毒消しを感じさせるような気もしますね(笑)

ポシュト(posto)は、カシューナッツの代用品ではありません。ベンガルでは、カシューナッツ(ペースト)はあまり使いません。

sarodiyaさん

カシューナッツをそもそも使わないので、代用品とは言わないということでしょうか。ちなみにsarodiyaさんの仰るベンガルとはどのあたり地域を指していますか?
プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon