鯖のアンブルティヤル、パリップ

DSC00909.jpg
鯖のアンブルティヤル(☆5.75)
ゴラカのペーストで和えた魚(今回はサバ)を水気が飛ぶまで煮込んだスリランカの代表的な料理です。
味見したら佃煮のような味だったので、日本米と一緒に頂きました。

DSC00913.jpg
パリップ(☆5.5)
パリップとはシンハラ語で豆という意味。
食べる前はダールカレーのスリランカ版と言った印象しかありませんでした。
基本的には材料を鍋に入れて煮込むだけ、油を使わないんです。
この違いは大きいですよね、レシピを見て驚きました。
やけにあっさりしてるのはレモン汁が効いてるからかなぁ?と思ったんですがそれだけじゃなかったんですね。

魚のアンブルティヤル、パリップ のレシピ
家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理
(2012/06/09)
香取 薫

商品詳細を見る
Related Entries

Trackbacks


Use trackback on this entry.

まとめtyaiました【鯖のアンブルティヤル、パリップ】

鯖のアンブルティヤル(☆5.75)ゴラカのペーストで和えた魚(今回はサバ)を水気が飛ぶまで煮込んだスリランカの代表的な料理です。味見したら佃煮のような味だったので、日本米と

Post a comment

Private comment

これは美味しそうなアンブルティヤルですね。この料理はクセの強い赤身の魚(カツオやマグロ)との相性が最高ですよ。一度お試しください。
パリップもそうですが、野菜をココナッツミルクで煮込む料理は基本的に油を使わないようです。やはり土鍋で調理することが多いからでしょうか?
あと、何となくですが、同じ料理でもタミル系かシンハラ系で若干レシピが異なるような気がします。

RAJさん

赤身ですか、良さそうですね。ガンガンに酸味が効いたのを食べたいです。

タミル系とシンハラ系でレシピが違うというのはありそうですね。スリランカも南インドも食材はおおむね共通していると思うので、移住したとしても先代からの作り方をある程度は守れそうですよね。
プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon