ケララ風チキンカレー、Pachakali ularthu

DSC01088.jpg
ケララ風チキンカレー(☆6.125)
Pachakali ularthu(☆5.75)
Buttermilk Kootu (Moru Kootu)☆6.0


先日紹介した肉の石川屋 阿久比店さんで購入したヒネ鶏を使ってチキンカレーを作りました。
レシピは『カレーの基礎知識』に載っているケララの風Ⅱさんのものを参考にしました。
ヒネ鶏とは卵を産まなくなった雌鶏のことで、鶏肉は飼育日数が長いほど、肉の旨みが増すそうです。
凄い歯ごたえがあるので、もう少し小さく切った方が食べやすかったですね。
ゴムのように弾力のある皮も外した方が良かったかもしれません。
味の方はというと、若鶏に比べて旨みが増すというより、質の違いを感じました。
このしっかりしたとした旨み…食感も含めて砂肝と似ているような気がします。
ダシの効いた美味しいカレーになりました。
もう500g残っているので今度はムスリムスタイルで作ってみようかな。

Pachakali ularthuは野菜を玉ねぎとニンニクと一緒に炒める料理で、ケララに行った時に習いました。
今回はオクラを使いましたが、色々な野菜が使えます。
簡単に作れる上、旬の野菜を使えば材料費も安いので、このブログのタイトルにピッタリのメニューですね。

ケララ風チキンカレー のレシピ
カレーの基礎知識 (食の教科書)カレーの基礎知識 (食の教科書)
(2012/03/21)
不明

商品詳細を見る


参考 京都雑学事典 ヒネ鶏のおはなし
http://www.hyoue.com/zatugakublog/2009/04/bmid_2009042522522600008.html
Related Entries

Post a comment

Private comment

こんにちは。ヒネ鶏のケララチキン、美味しそうですね!ゴムのような弾力の皮ですか...インドの鶏はどうかは知りませんが、インド料理で大抵の場合皮を剥ぐのは同じように皮が硬く、食べにくいからかもしれませんね。

rajさん

さっそくヒネ鶏試してみました。2日目はより美味しかったです。
(ちなみに国産だそうです。)
皮を剥ぐ理由ですが、僕も同感です。
他にも毛が剥きにくいからとか色々あるんでしょうけど。
美味しかったらたぶん食べますよね笑
プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon