コールラビのカレー、小女子のボッタ

こんばんは、やりがなです。
昨日はブログを書く途中で力尽き爆睡、気がつけば朝、文章は妻が代行してくれたみたいですね。
たくさん寝たおかげで気力体力も回復、生鮮食材が尽きかけていたので産直市に買い出しに行きました。

20130209 142020_R
安くてちょっと珍しくて美味しい野菜たち。
わさび菜¥80、香菜¥100はほんとうにありがたいことです。

20130209 142107_R
コールラビ
アブラナ科の植物で和名は蕪甘藍。丸っこい部分は肥大化した茎だそうです。
インドではガンダゴビと呼ばれ、主に南の方で食されているみたいですが、前回の旅行では見かけませんでした。
JAの店員さんによるとコールラビは地元で育てている農家が1軒しかないとのこと。
こういう珍しい野菜を育ててくれる農家さんには本当に感謝です。
僕らが作ったカレーを生産者さんに試食してほしいものです(笑)

下ごしらえために千切にしたものを何となく嗅いでみると、ほのかにセロリのような香りがして食欲を刺激されました。
そのあと、水分を抜くために塩もみしたんですが、その時点で食べても美味しかったですよ。

今夜は僕の実家で食事する予定だったので、お土産(実験?)に2品作りました。1つ目はコールラビ使って。

20130209 170218R
コールラビのカレー
アハサ食堂さんのレシピを参考に、スリランカ風のカレーにしてみました。
食材を鍋にセットして煮込むだけ。油も使いません。
調理前に固かったコールラビは割と短時間の煮込みで柔らかくなりました。
ココナッツミルクの代わりに牛乳を使ってます。
簡単で美味しかったのでまたやりたいです。やりがな家のギャミラサセットにぜひ入れたいカレー。

DSC02396_R.jpg
小女子のボッタ
当初小女子のマスタードカレーにするつもりだったんですが、グレービーに小女子を加えた段階で身が崩れたので急遽変更、ヘラで潰しながら熱して水気を飛ばしてみました。
小女子が少し生臭い気がしたので、試みに軽くアジョワンを効かせてみました。これがなかなか良かったみたいで自分的にも満足の味に。家族にもウケていました(もちろんアジョワン云々は知りませんが)。

実家に向かう途中、スペシャルカレーが気になったので、RAJさんに寄ってテイクアウト。
DSC02399_R.jpg
野菜カレー(ジャガイモ、ブロッコリー、カブ、スナップエンドウ)

DSC02398_R.jpg
タマリンドマンボウカレー

どちらも家族に好評。ちなみに普段は全然エスニック料理食べない人達ですよ。

DSC02400_R.jpg
今晩の実家の食卓。
お袋の味の中に、ところどころに異質な料理が混ざっています(笑)
Related Entries

Post a comment

Private comment

プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon