mumbai 2 GOA

シンガポールはリトルインディアで食べ歩きした記録です。

外観
Syed Alwi Road沿いに並ぶレストランの中でもひときわ異彩を放つ外観。
店名にGOAと謳っているのもシンガポールでは珍しい(ここだけ?)と思います。
入店するとなぜか店員さんに握手を求められました(笑)

IMG_0776_R.jpg
まだ新しそうなメニューカード。尋ねてみると、まだ開店二カ月余りとのこと。
店の写真はコチラ↓
http://www.facebook.com/pages/Mumbai-2-Goa/574987375845387

店内はバタバタです。こんなに走りまわるインド系の店員さんを見るのは初めてかも(笑)
そんな中、厨房やホールで指示を出しつつ、時折ホールの隅に立ち、鋭い眼光で店員の動きを観察する大柄の男性。
       ajinkya desai
彼の名はAjinkya Desai。この店のオーナーです。

で、前置きはともかく、料理ですが、GOA料理を食べたいとアピールしたのですが、押し切られるような形で良く分からないままMalvani Thaliを注文しました(笑)僕がマトンで妻がフィッシュ。
Malvani料理については、まったくの無知でしたが、Wikipedeiaによれば、いわゆるコンカン地方の料理で、どストライクだったようです。無知な外人が無駄に騒いじゃいましたね;

IMG_0778_R.jpg
Malvani Mutton Thali
ピンクいのはSolkadhiと言い、ココナッツミルクとコカムなどで作るカレーの一種だそうです。フルーティだしシャバシャバしてるのでカレーというかドリンクみたいです。
その右隣にはジャガイモとロビヤ豆とドラムスティックのカレー、次がマトンスープ、マトンカレーです。後ろ2つにもココナッツフレークが入っているようで全体的に爽やかで明るい感じのターリーでした。

DSC02860_R.jpg
Solkadhiのカトゥリの底

IMG_0782_R.jpg
コカム dried kokam (amsul)
ドライと言っても僅かに湿っており柔らかいです。
ムスタファセンターに同じようなものが売っていました。

IMG_0780_R.jpg
ジャガイモとロビヤ豆とドラムスティックのカレー

DSC02856_R.jpg
Malvani Fish Thali
こっちは妻が注文した方です。
フィッシュフライの表面にポピーシードのような粒々が。
↑「スジか粗削りの米では?」というご指摘を頂きました。13.5.7 追記

DSC02858_R.jpg
カリッとして美味しかったです。
この白身魚の名前を聞くのを忘れていました;

ターリー以外にも興味深い料理(シーフードが売りの店らしい)がいくつかあったのでチャンスがあれば再訪したいです。

Related Entries

Post a comment

Private comment

プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon