第4回 新安城・インド料理の会

こんばんは、やりがなです。
今年の2月から月に1度「新安城・インド料の会」という料理会を自炊生活の延長なようなイメージでユルくやっています。
早いもので今回で4回目。

IMG_1261_R_20130525234727.jpg
AM10:00 アンダーワールドの071124Live From OBLIVIONBALL@MAKUHARI を聴く白クマ。

メニューは南インド料理の中から僕が食べたい物を選んだ感じです。あとは当日の産直市の野菜の品揃え次第だったり、ノリだったり。シンプルなものが多いでしょうか。
IMG_1283_R.jpg
1か所間違えてた;スティックセニョールのチャトニポリヤルです

今回は来れない人が多くて結局8人(+赤ん坊)で4時間半ぐらいかけて作りました。無邪気なお子さまとDJやりがなの妻のおかげでシーンとせずに済み、和気あいあいとやれました(笑)

IMG_1274_R_20130525234725.jpg
ノンベジは鯵のセモリナフライぐらいで、ほとんどベジミールス。
ミールスというのは、南インドの定食料理のようなもので、ご飯と味噌汁に漬け物、ちょっとした小針がたくさんついてるような感じのものです。現地ではバナナの葉っぱをお皿替わりにするみたいで、それを意識してこの葉っぱ模様の皿を使っているなり。

IMG_1275_R.jpg
ナスとインゲンのサンバル
RAJさん作。キマメ入り野菜のスパイシー煮込みです。油多めでどこか凄味のあるサンバル。渡辺玲さんのレシピのサンバルパウダーにブラックペッパーを足したそうです。

IMG_1276_R.jpg
スティックセニョールのムングダル・クートゥ
ムングダル(挽き割り緑豆)と野菜の煮込み。前回別の人が作ってくれたので今回はあえてRAJさんにお願いしました。豆はドロドロ、茎ブロッコリーもかなり形が崩れるぐらいに煮込まれており、かなり美味しかったです。ヒングを多めにいれたのかな?

IMG_1277_R.jpg
トマトラッサム
トマトとタマリンド水のスパイシースープ。刺激的な香りで食欲が増進されます。個人的にはミールスには欠かせない料理ですが、大量に飲むものではない(と思う)ので、少なめに用意するのが吉(笑)

IMG_1278_R.jpg
アヴィヤル(サツマイモ、アスパラガス、ズッキーニ、カラーピーマン)
数種類の野菜をヨーグルトとココナッツのペーストでごった煮にした爽やかで夏向けな料理。
毎回参加してくれてる方の作。お店で食べたことが無い人が初めて作ったとは思えないような本当に美味しいアヴィヤルで、料理会を開いて良かったと感激しました(笑)またひとつサツマイモの美味しい食べ方を知ったなぁと。角ばったズッキーニがトカドヘチマのようで、インドっぽくて良くないですか?


IMG_1279_R.jpg
タピオカパヤサム
タピオカやグリーンレーズン、カシューナッツをココナッツミルクとジャガリーで煮込んだインディアンスイーツ。
最初に手が伸びました(笑)

IMG_1280_R.jpg
蓬のプーリー
全粒粉にヨモギのペーストを混ぜ込んだ生地で作った揚げパン。
やりがなの妻作。
蓬は北野エース(ラシック地下)に売ってたドライのものを使いました。
それにしてもヨモギ、強し。自分が日本人だからか物凄い説得力のある味。色つきプーリーの新世界が拓けました(笑)お店やってる方、これ早いもん勝ちですよ笑ってどこかで売ってるのかな?

IMG_1281_R.jpg
鯵のセモリナフライ
やりがな作(揚げはRAJ氏)。3枚おろしにしたアジをチリ、ターメリック、塩、タマリンドペーストに漬けこみ、セモリナ粉にまぶしてから揚げます。今回唯一のノンベジ料理かな。手前味噌ながら美味しかったです。ほど良い旨さでベジミールスのバランスを崩しません。

IMG_1282_R.jpg
ポリヤル(ビーツ、スティックセニョール)、ナスのウールガイ、ビーツの葉っぱ入りダール、チャトニ(ココナッツ、ペパーミント、ショウガ)、玉ねぎとピーマンのアチャール
細かな品々。
ビーツは赤い方が見栄えが良いのかもしれませんが、元々白かったのがターメリックで黄色くなり、切干大根と見間違える方も。味は甘さしっかりで自分好み。
ダールに入れたビーツ(ゴルゴ)の葉っぱはやっぱりほうれん草そっくり。ビーツは2度美味しい野菜なんですね。

ティファン類にも挑戦!といいつつやりがなはノータッチ。グリーンピースを渡したぐらいか。
IMG_1273_R_20130525234728.jpg
イドゥリ、バミセリウプマ、チャトニ(ペパーミント、ショウガ、ココナッツ)
インド帰りの方が蒸し器を持ち帰ってくれたので、事前の仕込みから当日の蒸しまでお願いしちゃいました。
イドゥリは一般的なものよりちょっと硬めなのかな。酸味控えめで、それがかえって良かったのか売れてました。
一部、ローストしたメティシードが入っています。
バミセリウプマの塩焼きそばっぽくてでも浮いて無くて美味しかったです。サンバルやクートゥとも合いますねー。グリーンピースも良し!

割と手軽に作れる南インド料理ということもあり、調理はサクサク進み、完成品の出来栄えも良く、個人的には大満足の第4回となりました。月イチ開催は社会人主体の会としてはけっこうハイペース(もちろん強制参加ではありませんが)、かつフルタイムに近い長丁場ということで参加者の皆さまには毎度感謝の念を抱いております。ありがとうございます。

あまり欲張る気はありませんが、今後は少しずつ地元西三河の方の参加も増えればいいなと思っています。現在、公民館の自主グループ登録が完了し、活動紹介の用紙を作成しているところです(あと産直市用のビラも)。加えて、広報活動を兼ねて、来月は地域のうどん作り教室にも夫婦で参加してこようと思ってます(笑)
Related Entries

Post a comment

Private comment

プロフィール

やりがなくん

Author:やりがなくん
ようこそ、やりがなくんと申します。2011年の9月から、妻とほぼ毎日インド料理を作っては食べての生活を送っています。また、2013年より「新安城・インド料理の会」という料理会を主催しています。

募集状況(リンク)

その他、お問い合わせ先はコチラまで
yariganakunいんどyahoo.co.jp
「いんど」を「@」に置き換えてください。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ユーザータグ

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 RAJ会 Dakshin:VegetarianCuisinefromSouthIndia 旬のかんたんスパイスカレー ネパール家庭料理入門 魚貝 アンビカ カレーな薬膳 決定版レヌ・アロラのおいしいインド料理 おうちで本格インドカレー パパド クートゥ スリランカ とっておきのインド・ベンガル料理 ありあわせ カルナータカー チャパティ ナイルレストランが教えるはじめてのインド料理 コーチン 旅行 新版誰も知らないインド料理 TheKeralaKitchen 

スポンサードリンク
フリーエリア
最新記事
amazon